犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

トイプードルの飼い方と聞くとゾッとするペット業界の闇のお話・・・

読了までの目安時間:約 11分

トイプードル飼い方

 

 

 

最近爆発的にトイプードルが増えました。

 

一時期よりは落ち着いているのでしょうが、私の近所も世代交代とばかりにトイプードルを飼っている人ばかり見かけます。

 

 

ただ、悲しい事にトイプードルを飼っているほとんどの人が知識不足です。

 

今一度、トイプードルと暮らすにあたり、必要な知識を身につけましょう。

 

 

トイプードルって?

原産国には諸説ありますが、ヨーロッパ(中央)が原産だと言われています。

 

『プードル』というのは、ドイツ語で“水中を泳ぐ姿”を現す“プーデル”が語源と言われています。

 

元々、『プードル』という犬種は大型犬で、水猟犬として活躍していました。

 

 

当時のそのままの姿が今は『スタンダード・プードル』と呼ばれており、それが『ミニチュア・プードル』を経て徐々に小さくなり、愛玩犬として小型化されたものが私たちに親しみのある『トイ・プードル』になります。

 

 

その後、プードルのサイズはパターン化されて、現在は『トイ』『ミニチュア』『ミディアム』『スタンダード』の4種類のみとなります。

 

間違っても《ティーカッププードルなんてものは居ません》ので、悪しからず。

 

 

余談ですが、私は『ティーカッププードル』と表記されているものを見ると嫌悪します。

 

『トイプードル』は、原則として体重3kg前後のプードルを指しますが、最近のトイプードルは乱繁殖のせいでスタンダードからかなりかけ離れています。

 

 

知能はボーダーコリーに次ぐ第2位と言われており、非常に学習能力の高い犬ですが、乱繁殖されている場合はその限りに当て嵌まりません。

 

 

ピンと立った尻尾は生後1週間以内に“断尾”をしているためであり、しなければ垂れ下がっています。

 

稀に、前足の側面にある“狼爪”が無いトイプードルが居ますが、奇形でもない限りは断尾同様に子犬の内に骨ごと引っこ抜かれている状態です。

 

 

カットの種類にはバリエーションが豊富で、カットを楽しめる犬種です。

 

そのため、最低でも月に1度はトリミングに出しましょう。

 

最近はトリミング代をケチって数か月に1度しか連れて行かない飼い主が増えましたが、絶対にやめてください。犬のためになりません。

 

 

日本で良く見かけるのはテディベアカットと呼ばれるものですが、最近はそれを「プードルカット」と呼ぶ飼い主さんが増えているので、トリマーとしては悲しい限りです。

 

 

トイプードルの飼い方

流行犬種なので執筆されている本も多く、本によってはかなり幅のある内容で書かれています。

 

私の意見も、参考までに見てください。

 

 

★運動

あまり必要ありません。

 

愛玩犬として作出されているので、家の中だけで十分です。

 

遊ばせすぎないように気を付けましょう。

 

 

★しつけ

きちんと行いましょう。

 

本当に、しつけをしていないせいで人間を馬鹿にしているトイプードルが最近は多いです。

 

ハウストレーニング、リードウォーキングくらいは最低でも行いましょう。

 

 

 

テンションが高いので、必ずクールダウンをさせるしつけを行ってください。

 

間違っても“ぬいぐるみ”ではないですので、いつも抱っこをして「可愛い可愛い」とネコっ可愛がりしている人は、トイプードルでなく猫を飼うか、ぬいぐるみで我慢してください。

 

 

★手入れ

月に1度のトリミングは絶対。

 

自宅でもブラッシングを行いましょう。

 

 

トイプードルを飼っているのにブラシを置いていない家は、何故プードルを飼ったのか理解に苦しみます。

 

 

トイプードルがかかりやすい病気

元々、スタンダードプードルを小型化していくに辺り、トイプードルは疾病が多いと言われています。

 

しかし、日本はペットブームの影響で乱繁殖が進み、更に拍車をかけて体の弱いトイプードルが増えています。

 

 

★外耳炎

耳が垂れており、耳の中に毛が生えるので、外耳炎になりやすいです。

 

 

定期的なケア、また耳の中の毛は抜いてあげて通気性をよくしてあげましょう。

 

トリミングに出すときちんとケアしてくれます。

 

一度発症すると完全には治りませんので、付き合っていくしかありません。

 

 

★膝蓋骨脱臼、股関節形成不全

脚が細いので関節が弱い犬が多いですが、どちらかと言えば乱繁殖が原因です。

 

 

★先天性心疾患

これも上記同様に乱繁殖が原因の場合が多いです。

 

 

★眼球疾患

先天性で、目の瞬膜が常に飛び出して赤く腫れ上がること(チェリーアイ)があります。

 

また、毛が伸びで目に入りやすく、眼球疾患になりやすいです。

 

定期的にカットしてあげましょう。

 

 

★水頭症

様々な神経症状を示す病気で、脳の中にある透明な液体『脳脊髄液』の量のバランスが崩れ、脳組織が圧迫されることで起きます。

 

先天性の場合が多く、発症した場合は頭部への衝撃は厳禁です。

 

 

ドワーフタイプ‥ってご存知ですか?

2015-01-18_195731

 

 

本来、プードルという犬種は、体長と体高のバランスが均一な状態を良しとされています。

 

ですが、テディベアカットというテディベアに似せたカットが流行ってしまったがために、《短足のプードル》を作られるようになりました。

 

短足の方がテディベアに似ていて可愛い‥ただそれだけの理由でです。

 

 

短足のプードルのことをドワーフタイプと言います。

 

最近見かける多くの犬は短足のプードルが多く、この形を作るために一体どんな酷い掛け合わせをされたのだろう‥といつも可哀想になります。

 

 

ティーカッププードルという犬

2015-01-18_195826

 

 

最初の方でも触れましたが、私はティーカッププードルという表現が大大大嫌いです。

 

吐き気がするくらい嫌いです。

 

 

ペット雑誌の編集部時代、読者投稿で『犬種名:ティーカッププードル』と明記されているものは全部×をして『犬種名:トイプードル』と書き直して雑誌に掲載させたくらい、この呼び名を喜んで使用している飼い主も大嫌いです。

 

 

こんなに嫌悪する理由は、ペット雑誌の編集部時代にとあるプードルのブリーダーに取材をしたことから始まりました。

 

そこは、当時爆発的に人気が出た、アプリコットやブラウンといった茶系のトイプードルのブリーダー(以下、繁殖屋と呼びます)で、思い切り人気にあやかっているような場所です。

 

 

その繁殖屋に、小さいプードル‥通称ティーカッププードルを“作る方法”を聞きました。

 

通常、犬の妊娠期間は90日ですが、《ティーカッププードルは60日くらいで帝王切開によって子犬を取り出します。》

 

未熟児の状態なので、当たり前ですが身体は小さいです。

 

そして当たり前ですが、体は弱いまま育てられます。

 

 

その繁殖屋曰く、ティーカッププードルという犬は長くても3年しか生きられないそうですが、死んだらすぐにまた買いに来てくれるので、回転率は良いと言っていました。

 

 

帝王切開をされるので、母犬はたくさん子供を産めません。

 

2、3回くらいで用済みになるようです。

 

 

まあ、なんというか…「あぁ、これがペット業界の闇だな」と感じたのは、社会人一年目のこと。

 

あまり犬に詳しくなかった編集長も、隣でその話を聞いてドン引きでした。

 

 

ティーカッププードルなんてわけのわからない名前は、要するにトイプードルの未熟児のことを指します。

 

純粋に小型化しようと作られた小型のトイプードルだって、奇形種同士を掛け合わせた危険な掛け合わせです。

 

そんな名前は無くなればいいと思いますし、もっと多くの飼い主がこの事実を知って、この馬鹿げた名前を無くしてほしいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

種類別「犬の飼い方」   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る