犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

狭いところに隠れている愛犬はそっとしておいてあげよう

読了までの目安時間:約 4分

隠れる愛犬

 

 

愛犬が消えた!?

家で過ごしていて、ふと気がつくと、いつもそばにいる愛犬の姿がどこにもない。

 

何処へ隠れたのだろうと、名前を呼んでも気配がなく、心配になってあちこち探したら、ベッドの下やソファーの裏側など狭い所に隠れて震えていた。

 

こんな経験はありませんか?

 

 

つい「どうしたの?こっちへおいで!」と言いながら覗き込んだり、手を差し出したくなると思いますが、出来ればその気持ちをぐっと抑え、様子をみてあげて下さい。

 

 

愛犬が隠れる理由

犬が狭いところや暗いところに隠れるのは、何かに驚いたり恐ろしい目にあったときです。

 

その原因はさまざまですが、音に驚いたのがきかっけである事が多いでしょう。

 

 

雷や花火の音がすると隠れてしまうというワンちゃんの話はよく聞きますが、お皿を落として割ってしまったときの音に驚いたり、テレビから聞こえてきたタイヤのスリップ音などでも異常におびえて隠れてしまうこともあります。

 

 

飼い主は、そんな狭苦しいところへ隠れなくても、私のひざの上へ来てくれれば守ってあげるのに。と思うかもしれませんが、犬にとって暗くて狭い場所は、もっとも安心する場所なのです。

 

 

ふだんは飼い主の体に触れて安心するワンちゃんでも、恐怖のレベルが高すぎると本能が命じるまま、暗く狭い場所へ向かってしまう事があります。

 

 

隠れている愛犬への対処法

狭いところで愛犬が震えているのを見て驚く飼い主さんもいますが、大声をあげたり必死になればなるほど、犬は怯えてしまいます。

 

無理に引きずり出そうとして、噛みつかれることさえありますから、愛犬が落ち着いて、自分から出てくるのを待ってあげましょう。

 

 

そして、犬が出てきたら隠れていた場所を必ず確認してください。

 

恐怖のあまりにおもらしをしていることがあり、それを放置しておくと、その場所をトイレだと勘違いする可能性があるからです。

 

 

また、尿道括約筋が先天的に弱いワンちゃんの場合、ちょっとした驚きや恐怖でも失禁してしまいます。

 

小型犬よりも大型犬によく見られる症状で、大量のおもらしをする場合は、尿道括約筋の働きを疑ったほうがいいでしょう。

 

 

また、あまりに様子がおかしい、ぐったりしている、と感じたときは速やかに病院へ行って、相談しましょう。

 

身体のどこかが痛くて隠れている可能性もあります。

 

話が出来ない分、愛犬の様子がおかしいと焦ってしまいますよね。

 

でもそんな時こそ冷静に、あなたの愛犬を見守ってあげてください。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る