犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬も風邪をひく!放置すると大変なことに!?その症状と予防方法

読了までの目安時間:約 5分

犬は風邪引くのか

 

 

 

犬は風邪を引かないと思っている人が多いと思いますが、実は犬も風邪を引くんですよ。

 

今日はそんなお話です。

 

 

犬の風邪

そもそも人でもそうである通り、風邪という病気はありません。

 

鼻水、くしゃみ、発熱、咳などの症状をまとめて「風邪」と読んでいますが、風邪は病名ではありません。

 

 

犬も人間と同じように咳や発熱などの症状が出る総称として、風邪と呼ぶこともあります。

 

人と犬では同じ風邪でもウイルスが違いますので、人が犬の前で咳をしても、犬が人の前で咳をしても、移すようなことはありません。

 

 

犬の風邪『ケンネル・コフ』

犬の風邪というと、ほとんどの場合が犬伝染性気管支炎のケンネル・コフのことを指します。

 

もし「うちの犬がケンネル・コフになっちゃって~」という人が居たら、「この人はちゃんと毎年ワクチン打たせていなかったのか」と思いましょう。

 

年に一度、きちんと混合ワクチンの接種を行っていればケンネル・コフなんてかかるはずがありません。

 

 

何故なら、ケンネル・コフ用のワクチンも混合ワクチンの中に入っているからです。

 

 

このような事を堂々と口外できる人を見かけられた場合は、犬のことをちゃんと考えていなかったんだな~と、冷ややかな目で見てあげてください。

 

 

ちなみに、ブリーダーや生体販売店でケンネル・コフが流行ったという例を多く聞きますが、その場合はそこにいくのはよしましょうね。

 

普通、プロであれば最低限ワクチンは接種させているものですので。

 

 

そもそもケンネル・コフって?

呼吸器感染のウイルスですので、症状としては咳や微熱です。

 

免疫力の低い子犬や老犬や死に至ることも多い上に、くしゃみをすることで飛沫感染をしてしまいます。

 

 

同じように、くしゃみという症状でフィラリア症がありますが、これは飛沫感染はしませんが、すぐに病院に行かないといけません。

 

もちろん、このフィラリアに関しても、きちんと処置しておけばかかるような病気でないことはご存知の通りですので、ケンネル・コフもフィラリアも毎年必ず対策しましょうね。

 

咳やくしゃみが見られた場合はすぐに病院に行ってください。

 

 

その他、犬の風邪のような症状

呼吸器の感染症にかかると、鼻や気管などが炎症を起こします。

 

そのため、初期症状は水っぽい鼻水が垂れたり、くしゃみをします。

 

 

そのまま放置していると、変な咳(痰を吐き出すような時の咳)や鼻水が黄色になってもっとねばねばとしてきます。

 

ご存知の通り、犬は嗅覚の鋭い生き物ですので、鼻が詰まってしまうとにおいをかぐことが出来なくなり、相当のストレスが与えられて、食欲不振につながっていきます。

 

 

また、鼻が詰まることで結膜炎になってしまう場合もあるので、今度は目にも問題が生じてしまいます。

 

そうなる前に、必ず診察を受けましょう。

 

 

 



 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る