犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬の頭をなでようとすると噛み付いてくるのはどうして?

読了までの目安時間:約 5分

犬の頭をなでる

 

 

触ることができる犬と触れない犬

外を歩いているとたくさんの犬が散歩をしています。

 

犬好きであれば、撫でてあげたくなるのではないですか?

 

しかし、そんな時に「触っても怒らない犬」と「触らせまいとする犬」がいるのではないでしょうか。

 

 

明らかに噛み付かれそうになってひやっとしたという経験をしたことがある人もいると思います。
勘違いしてはいけないのはどの犬でも触られるのが好きではないということです。

 

 

これは飼い主の育て方が影響します。

 

幼犬期から、タッチングのしつけを受けている犬は「触られること=気持ちのいいこと」「人間は怖くない」と理解しているので触らせてくれます。

 

しかし反対に幼犬期に何のしつけもしなかった犬は「怖い」という恐怖心から噛み付いてしまったりするのです。

 

急に自分よりも大きな人間が手を伸ばしてきたら、何をされるかわからず怯えるのは当然のことだと思います。

 

犬が噛み付くことは恐れからくる行動であるということを忘れないでください。

 

 

触られたくない場所

私たちにも触られたくない場所は存在します。

 

嫌だ、と思う場所を触られた時の気分は決して良いものではないでしょう。

 

逆に触ってきた人に嫌悪を抱いたり、声を荒げてしまったりしてしまうのではないでしょうか。

 

 

それは犬も同じです。

 

しっぽや耳を引っ張ることは犬にとってNG行為です。

 

いくら触られることになれている犬でも、これをされると噛み付いてしまう恐れがあります。

 

 

また、私たちは犬の肉球を触るのが好きです。

 

ふにふにとした柔らかい感触に癒されたりしますが、犬にとっては嬉しくもない行為です。

 

嫌がる犬もいますので、いくら触りたくても我慢しましょう。

 

 

余談ですが、室内犬の肉球は屋外飼いと違い地面を歩くことが少ないので固くならず柔らかいままのことが多いです。

 

なので、怪我をしやすくなります。

 

飼い主は散歩のときは地面に鋭いものなど怪我につながるようなものがないか注意してあげましょう。

 

 

スキンシップ

 

2014-07-22_190727

 

 

人間に触られることに慣れさせるために日頃からよくスキンシップを取りましょう。

 

その時に大切なのは飼い主もリラックスした状態で行うことです。

 

飼い主の緊張は犬にも伝わってしまいます。

 

そんな中体を撫でられても犬は気持ちがいいとは思いません。

 

 

優しく撫でながら声をかけてあげましょう。

 

ずっと無言で撫で続けられても犬は不安を感じるだけです。

 

 

このように少しずつ触られることに慣らすためにスキンシップは大切です。

 

また、犬の体を触るということは、病気の早期発見にもつながります。

 

つい最近までなかったしこりができている、肌が荒れているなどは日頃よくスキンシップをとっていないとわかりません。

 

犬の体調管理も飼い主の大切な義務ですので、病気発見のためにもスキンシップをよくとるようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る