犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬がスリッパや靴を隠す・・・その原因と対処方法教えます!

読了までの目安時間:約 5分

犬が靴隠す原因

 

 

 

よく、犬の悪戯の一つに、『スリッパや靴を隠す行為』がありますよね。

 

家族のならまだしも、お客様の靴が一足無くなったり…なんてしたことも経験がある方はいるのではないでしょうか。

 

 

犬は何故、このような悪戯をしてしまうのでしょうか?

 

 

靴やスリッパの素材が原因?

2014-08-10_131507

 

 

犬が靴やスリッパを隠す行為は、実は素材が関係しているようです。

 

 

靴は革やゴム、スリッパは布で底はゴム、で出来ていますよね?

 

その固さが、犬にとっては素晴らしく噛み心地がいいのです。

 

 

よくよく考えると、犬のおもちゃの多くの素材と同じですね。

 

靴の皮や靴底のゴムはそれより固く作られているものの、骨を砕ける犬の顎からすると噛みつけないものではありません。

 

犬歯がブスッと突き刺さる感覚が大好きなのです。

 

 

好きなものはあとから‥

2014-08-10_130622

 

 

大好きなものや大切なものをしまいたくなるのが犬の本能です。

 

そのため、お客様の靴を気に入って隠してしまう行為は、犬にとって悪気があるものではなりません。

 

ただただ本能に従っているだけなのです。

 

 

普段、自分が噛んでいるおもちゃとは違い、より一層噛み応えのあるものを前にされてしまえば、犬だってたまらずに長く楽しみたいのです。

 

 

靴を隠してしまわないようにする対処法

2014-08-10_131132

 

 

まず、一番確実なのは、靴は下駄箱にしまうことです。

 

流石に下駄箱を開けてまで持って行こうとする犬は滅多に居ないはずです。

 

 

その他には、しつけによって「食べてはいけないもの」として教えることが出来ます。

 

よく、ビターアップルなどをスプレーしておけば良いなどとしつけの本などに記載がありますが、さすがに革製品にするのはちょっと‥と思いますよね。

 

 

犬の目の前に靴をかざし、わざと噛ませてみましょう。

 

噛んだ瞬間に「ダメ!」と叱ります。

 

その瞬間、犬はびっくりして離し、考えます。

 

 

もう一度差し出して噛んだら「ダメ!」です。

 

繰り返すことで、「これを噛んだら怒られる」と学習するのです。

 

口を離したらすぐにご褒美と与えましょう。

 

 

叱っても、ヒートアップして離さないようであれば、少し根気が入ります。

 

そのような犬のタイプであれば、下駄箱に入れる方法が手っ取り早く、靴以外のもので熱心に噛み続けられるようなおやつやおもちゃを与えて気を背けましょう。

 

 

知らないにおいを嫌がって噛む

縄張り意識の強い犬によく見られますが、自分の縄張りに別の生き物のにおいが堂々と入ってくることを良しとしません。

 

 

そのため、他の生き物のにおいがプンプンする靴に苛立ちを覚えます。

 

 

「俺の縄張りで何をするんだ!」と苛立って靴をぼろぼろにしたり、マーキングでおしっこをかけてしまう場合もありますので、その場合は主従関係からやり直す必要があります。

 

「リーダーのお客様のものだから」という意識が無く、自分がリーダーだと勘違いをしているからこそ起こるのです。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る