犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬がしっぽを後ろ脚の間に巻く理由は「怯えている」から

読了までの目安時間:約 5分

しっぽを巻く

 

 

 

よく、犬が降参している時はお腹を出すと言われています。

 

「敵意はありません」「ゆるしてください」など、叱られたりして怯えている時はお腹を出してその場を凌ぐ犬が居ますよね。

 

 

犬が怯えている時の動作として代表なものがそのひとつですが、もうひとつ代表的な行為は「尻尾を丸める」行為です。

 

アニメなどでも悪役が主人公に負けて「おぼえてろよ~!」と走り出すような行為を『しっぽを巻いて逃げる』と言いますがこれは犬の行動から生まれた言葉です。

 

 

尻尾を丸めている時の見分け方

尻尾を丸めている犬は、足の間に尻尾を丸めてしまっている場合が多いので非常にわかりやすいかとは思いますが‥。

 

 

もっと詳しく見てみると、その際は耳を倒していたり姿勢を低くして背骨を丸めている場合もあります。

 

 

その場合、それ以上恐怖心を与えてしまえば犬も「やめてー!」と咬みつく行為に出かねません。

 

必ず、そんな犬を見かけた場合はそれ以上近寄らないであげてください。

 

 

私の飼っている小型犬は、とくにこの行動をします。

 

ただ、小型犬というだけあって、小さな子供は「かわい~!」と言いながらそれでも近付いて来ようとします。

 

私の犬は短毛種で黒いので、歩いているだけで怯える子供がいますが、これがチワワやプードルになってくると駆け寄ってきてしまいますよね。

 

 

飼い主さんはその場合、必ず子供を近づけないようにして犬を守ってあげてください。

 

そして子供の親御さんは、必ず子供を行かせないようにしてあげてください。

 

どちらの場合も保護者が対応しなければ、そういう場合に咬傷事故になるケースがほとんどです。

 

 

犬と接するときのポイント

2014-07-15_230102

 

 

怯えている犬に近付かないのが一番ですが、それでも仕事やどうしても接しないといけない場合もあります。

 

 

怯えている、喜んでいる場合に限らず、犬に接する時は必ずしゃがんで目の高さを同じにしてあげましょう。

 

その際、真正面で視線を向い合せるよりは、背中を向けるか横向きになるかが一番良い方法です。

 

 

視線を向かい合わせる行為は、犬にとって「喧嘩開始」の合図になります。

 

更に、しゃがんだまま手の甲を差し出して、犬がくんくんと自主的ににおってきたら触ってもOKの合図です。

 

その場合、すぐに手を出さずに、ゆっくり撫でてあげてください。

 

ちなみに多くの方に勘違いされがちですが、犬の頭を撫でる行為はあまりよくありません。

 

犬の目が行き届く範囲、首元や顎の下などを撫でてあげるとより安心するものです。

 

 

ちょっと面倒かもしれませんが、犬の立場にたって触れてあげることで犬の恐怖心は全く変わってきます。

 

面倒だからと、怯えている犬に対して強引に触ろうとしてしまえば、犬も馬鹿ではありませんので捨て身の方法で咬みついてきます。

 

普段甘噛みで許してもらっている犬の顎の力は、本気を出せば骨を噛み砕けるほど強いものですからね。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る