犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

子犬の鼠径(そけい)ヘルニアって?原因や対処法を知る

読了までの目安時間:約 5分

鼠径(そけい)ヘルニア

 

 

 

家に迎え入れた子犬が、撫でていた時にすこしほかの犬と違うような感じがしたことはありませんか?

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアってご存知ですか?

2014-09-30_164648

 

 

ヘルニアと言えば、ダックスなどの胴長犬をイメージして、腰を痛めて歩けなくなる病気…と思う方が多いですよね。

 

 

しかしこの『鼠径ヘルニア』は少し違います。

 

『鼠径』とは、足の付け根のことを差します。

 

 

この辺りの皮膚が少し盛り上がって、膨らんでいるような感覚があれば、一度獣医さんに診てもらってください。

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアってどういうもの?

足の付け根の辺りが盛り上がっている状態のことが鼠径ヘルニアと述べましたが、その膨らんでいる皮膚の下に膀胱や腸が飛び出している状態のことです。

 

鼠径ヘルニアの原因は、先天性なものがほとんどです。

 

 

後天性なものであれば、事故などで起こる場合もあります。

 

後天性の場合でも、生まれつき何らかの異常が鼠径部にあって発症する可能性が高いようです。

 

 

本来であれば、なることはまずありませんが、乱繁殖をしているブリーダーやそういったブリーダーから購入した犬を販売するペットショップでは当たり前のように売られていることもあります。

 

犬の場合は、レントゲンなどを見てもよくわかりますが背骨に臓器がつりさげられるような形になっていますので、この骨格にゆがみが生じてしまうと重力で内臓が飛び出てしまいます。

 

 

つまり、きちんと親を見てブリーディングしていれば、そんなリスクはほとんどないのにも関わらず、休む暇もなく子供を産ませる母犬の子犬とか、病気を持っている両親の子犬とか、そういう可能性が高いということです。

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアになったらどうすればいいの?

2014-08-14_155307

 

 

まず、動物病院での診察は必須になってきます。

 

その後、外科的な手術によって、飛び出した臓器を元の位置に戻す方法しかありませんので、全身麻酔が必須となります。

 

鼠径ヘルニアでも日常生活に支障が無いと判断されれば、手術を勧めない獣医さんも居ますが、そこは飼い主さんの判断にお任せする形となります。

 

 

また、日常的に問題がないといっても、肥満や妊娠などで内臓が圧迫されてしまうと危険ですので手術を推奨されることもあります。

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアになりやすい犬種?

インターネットで調べてみた所、ダックスフントやチワワあたりがなりやすい犬種として多く挙げられていました。

 

その他になりやすいと挙げられている犬の一覧を見ても、流行で乱繁殖されて一時期ブーム犬種として名を馳せた種類が多いことから、やはりきちんとブリーディングされていないのが原因のように私は思います。

 

 

犬のブリーディングは目に届かない場所に行われて、例え「この犬の子供ですよ」とブリーダーやショップの人間に言われても、なかなか信用ならないものです。

 

鼠径ヘルニアは当たり前の病気ではありませんので、そういった犬商売の場所は注意しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る