犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

多頭飼いで犬がけんかする場合、心配でも手は出さず見守ることが大切

読了までの目安時間:約 5分

犬ケンカ

 

 

けんかに口を出してはいけない理由

多頭飼いで問題が起きるとすれば、それは犬同士のけんかです。

 

 

飼い主としては、愛する犬同士のけんかは見たくないものですよね。

 

「なんで仲良くできないの・・・」と思いながら仲裁に入ったりしていませんか?

 

しかし、それは逆効果なのです。

 

 

 

犬同士がけんかをする理由はただ一つ、上下関係を明確にする時です。

 

最初から一緒であれ、時間が経てば上下関係があいまいになってしまうこともあります。

 

そんなあいまいな関係のまま過ごせないのが犬の社会です。

 

相手の犬の存在が気に入らなかったり、相手の犬に怪我をさせてやろうと思ってけんかをしているわけではないのです。

 

 

私たち人間の一部は、気に入らないという理由だけで相手を殴って怪我をさせたり、最悪取り返しのつかない結果を出してしまうこともありますが、そんなけんかとはわけが違うのです。

 

犬のけんかには大事な意味があるのです。

 

そんな大切なけんかに人間が勝手な思い込みで手を出してよいわけがないのです。

 

 

叱らないで見守る

2014-07-25_225343

 

 

けんかが始まると、飼い主は立場が上の犬や先に仕掛けた犬を叱りがちです。

 

 

人間の兄弟げんかであったら、それが正しいしつけになりますが、犬は違います。

 

 

上下関係を決めようとしているわけですから、叱られる意味を犬は理解できません。

 

そして片方だけ怒るという行為は、罰を受けたほうのストレスはたまる原因になってしまいます。

 

こうなると上下関係を決めるという目的から、相手を傷つけるという目的に変わってしまうことがあります。

 

そうするといつまで経ってもけんかが終わらず、最悪どちらかが大けがをしてしまう結果になってしまいます。

 

 

以上のことから、基本的に飼い主は犬のけんかに手を出すべきではありません。

 

しかし、それは時と場合によります。

 

 

人間にも時々いますが、手加減がわからなくなってしまう犬がいます。

 

勝敗がはっきりと決まっていて相手の犬は降参しているにも関わらず、まだ相手を攻撃しようとする行動が見えたら、飼い主は止めに入りましょう。

 

そうしないと最悪相手は致命傷を負ってしまう可能性があります。

 

 

犬のけんかが始まったら、よく観察していてあげましょう。

 

過剰な攻撃は見えたら、すぐに止めに入れるようにします。

 

 

けんかが終われば、上の立場になった犬が下の立場の犬にマウンティングをします。

 

この関係を飼い主は尊重し、決まった後からは餌やりの順番や可愛がる順番に注意する必要があります。

 

飼い主は犬社会に合わせ、上下関係を尊重してあげましょう。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る