犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

【勘違いしやすい】犬が前脚を上げて上下に動かす時は・・・【犬の気持ち】

読了までの目安時間:約 4分

手を上げる犬

 

 

 

よく、アニメなどで見る犬のオーソドックスな行動のひとつに、前足で土を一心不乱に掘る…なんて行動をしている時がありますよね。

 

 

その場合とは少しそれてしまいますが、前足の動きも犬の言語、『カーミングシグナル』の一種に当たります。

 

あくびをしたり、震えたり‥といった、犬の気持ちを表す行為のひとつです。

 

前足の動きにもいろいろありますので、いくつか挙げてみたいと思います。

 

 

片足を上げる

この場合には、二通りの意味合いになってきます。

 

 

立ち止まって一点を見ながら上げている

警戒している証拠です。

 

散歩中など、集中していて無意識に上がる場合があります。

 

片足ずつ交互に挙げる場合もありますので、ちょっとしたタップダンスにも見えてきますが、集中している状態なのでからかわないであげてください。

 

 

向かい合ってる場合など、指示を出していないのに挙げる

オスワリなどしている状態で、特にオテなどの指示を出していないのに

片足を上げる犬も居ます。

 

オスワリ→オテ、という毎回同じ動きをさせていると条件反射でオテの体制になって片足を上げる犬も居ますが、特に初対面の人がリードを持ったり向かい合ったりしている場合にこのような行動をとる時もあります。

 

 

それは、緊張している状態だからです。

 

「あなたは知らない人なので緊張しています‥」というアピールをしています。

 

 

「よろしくね」など、そっと撫でたりして安心させてあげてください。

 

面白がってそのまま手を掴んでしまったりすると、怖がって攻撃してくる犬も居るので要注意です。

 

 

前足を突き出してお辞儀をするような体勢になる

この状態で特にお尻を突き上げていたり、左右に跳び跳ねていたりする時は「遊ぼうよ!」という合図です。

 

犬同士でじゃれる時にもよく見受けられますが、相手の犬が知らんぷりをして離れていく場合は相手に遊ぶ意志はないため、犬を離してあげてください。

 

 

同じような体勢で動きが遅い場合

弾けるような動きがない場合は、警戒心を見せている時です。

 

 

固まって動かない場合

散歩中に前から来る犬を見てフセをした状態で動かない場合は、相手が近付いてくるとそのまま飛び掛かって攻撃をしかねません。

 

とても危険な状態なのですが、よくわかっていない飼い主さんは「うちのこ変わっていて、遊びたいだけなのよ~」と笑っていますが、犬同士はそうは思っていません。

 

 

よく、小鳥やハトなどを追わせて楽しんでいる人も居ますが、その癖をつけてしまうと狩猟本能が掻き立てられてしまい、ちょっとのことで攻撃性を見せる場合があります。

 

牧羊犬や狩猟犬ではなく、家庭犬として飼うのであれば何か事故が起きないようにするためにも、そんな後追い行為を頻繁にやらせないようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る