犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬を怒る時に間違った叱り方をしていませんか!?

読了までの目安時間:約 4分

叱り方間違ってませんか?

 

 

 

うちの犬は、叱ることがないくらい、とてもいい子という飼い主がいることでしょう。

 

しかし、聞き訳がとてもいい犬だからといって、いつも褒めてばかりではいけません。

 

 

犬は主従関係を大切にする動物ですので、何も叱らず褒めているだけだと、この家では自分が一番だと思い込むようになってしまいます。

 

犬がちょっとした、いたずらをした時、しつけをしようとした時になかなか言うことを聞かないなど、このような時は叱っても大丈夫なのです。

 

 

犬に飼い主が一番偉くリーダーと思わせなくてはいけませんし、この家の家族の中では、一番下なのだと思わせます。

 

叱らなくてもいいくらいの賢い犬だと、飼い主の言うことをよく聞く、とてもいい子になってくれることでしょう。

 

 

犬の間違った叱り方

犬が悪いことをしたら、むやみやたらに叱るというのではいけません。

 

犬が言うことを聞かない、いたずらをしたからといって、犬を叩いたりしたことはないでしょうか。

 

この叱り方は、すぐにやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

犬は、叩かれたことにより、とても怖がるようになりますし、叩かれてもどうしたらいいのか理解が出来ないのです。

 

あと、いきなり鼻先を掴むという叱り方もやめておきましょう。

 

きっと、犬はびっくりして、何がおきたのかもわからないという状況に陥ります。

 

 

 

犬種や犬の性格によって、どうすれば叱っても理解出来る子になるかというのは微妙に変わってきますが、叱ったときに次から出来るようになれば、その子にとって正しい叱り方だったといえます。

 

それでは次に、犬がいけないことをした時の「正しい叱り方」をみていきましょう!

 

 

犬の正しい叱り方

犬の正しい叱り方を覚えておき、間違った叱り方をしないようにしましょう。

 

犬への正しい叱り方は、最初は「ダメ」とか「ノー」といった少し大きめの声を出して叱るようにします。

 

 

犬は、飼い主が普段よりも大きい声を出したことにより、びっくりしていたずらなどをやめるようになります。

 

次からいたずらをしない子になれば、犬にとって正しい叱り方だったといえるでしょう。

 

 

 

しかし、まだ言うことを聞かない、何度言ってもわからないというときは、その場ですぐに床を叩いてみます。

 

音にびっくりして、これはいけないことだったのかと理解するようになります。

 

 

床を叩くときは、最初は弱めに、それでもダメなら、雑誌などを丸めて叩いてみるといいでしょう。

 

きっと、少しずつ理解してくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

犬のしつけ講座   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る