犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬が家で大人しく留守番できるようにするには

読了までの目安時間:約 4分

留守番が苦手な犬

 

 

犬が留守番が苦手な理由

最近では、大型犬でも室内で飼うという人が増えてきました。

 

外よりも安全と思い、室内飼いをする傾向にあるのでしょうが、本当は犬はお留守番が凄く苦手な動物です。

 

 

ゲージの中にさえ入れておけば、ひとりでも大丈夫だろうと安易な考えでは可哀想です。

 

結構高さのあるゲージでも、犬はよじ登りゲージの外へ脱出するほど、閉じ込められるのが嫌いなのです。

 

 

元々は群れを作って行動していた動物なので、ひとりだけで家の中に閉じ込められるというのがいけません。

 

室内飼いでも、誰かいるという気配さえあれば落ち着き、安心して過ごすことが出来ます。

 

 

仕事で、ずっと家にいることが出来ないのであれば、犬を飼うことはお勧め出来ません。

 

それほど、犬はお留守番をさせられるのが嫌いです。

 

 

短時間のお留守番で徐々に慣れさせる

お仕事で家を空けなければならない人が、犬を飼う場合、お留守番の練習をさせなければいけません。

 

犬はお留守番が苦手なので、始めから何時間もお留守番をさせるようでは無理があります。

 

 

お留守番の間に、トイレもしたくなるでしょうし、お腹も空くでしょう。

 

家の中で吠えて、近所迷惑になることもあるので、犬のことをしっかりと考えてあげたほうがいいです。

 

 

いきなり8時間という長い時間のお留守番はいけませんので、短い時間からのお留守番から慣れさせます。

 

少しの買い物の時間、午前中だけなど、時間を少しずつ長くしてみることで、犬も、きっともう少ししたら帰ってくると思うようになるでしょう。

 

 

お留守番が徐々に慣れてくると、犬は、ほとんど眠って過ごすようになります。

 

 

しっかりと準備を怠らない

犬を家の中でお留守番をさせるとき、いろんな準備が必要なのです。

 

 

犬は、ひとりぼっちにさせられると、落ち着かないもので、家の中をうろうろしてしまいます。

 

それに、自分が立ち上がって届くものなら、なんでも引っ張ってしまうことでしょう。

 

触れて届いたものは、家の中の物を破壊してしまうほどです。

 

 

 

クッションがいい例で、咥えて中の綿が出てしまうくらい頭を左右に振り、布を破いてしまいます。

 

 

ひとりにされたことの腹いせにいたずらをするのかもしれません。

 

 

このような状態なので、犬は高さのあるゲージの中に入れ、トイレも中に入れましょう。

 

ストレスが溜まらないように、おもちゃを入れておくことが大事です。

 

 

そして、もしも犬が外に出てしまったことを考え、家具や家電、コードには気を付けておきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬のしつけ講座   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る