犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

エサの要求吠えをする犬のしつけ方!愛犬はきちんと「マテ」できますか?

読了までの目安時間:約 7分

2016-01-30_200557

 

 

エサを差し出して、「マテ」という“芸”のことではありません。

 

飼い主に要求吠えをすることなく、エサを出されるのをきちんとマテるかということです。

 

 

「おら!早くエサ寄越せコラァ!」

 

と犬が偉そうになっていませんか?

 

 

一度吠えさせたのを放っておくと、犬の要求吠えはどんどんエスカレートしていくものです。

 

 

 

犬の食事は必ず人間の後!

2016-01-30_200217

 

 

これはしつけの基本ですが、犬の食事は人間が食べ終わってからにしていますか?

 

同時に与えている、もしくは先に与えている場合、完全に犬と人の立場が入れ変わっている可能性が高いです。

 

 

試しに今日は、犬の食事を人間が食べ終わった時に与えてみてください。

 

吠えることも、鳴くことも、何かしらの行動で催促することもなかったでしょうか?

 

ちなみに、“吠える”ことが最低ランクになります。

 

 

エサの要求吠えはしつけで直せます

2016-01-30_200743

 

 

最低ランクまで来てしまったあなたの愛犬ですが、それはしつけで直すことが可能です。

 

ただ、最低ランクまできている以上、根気がいることを肝に銘じましょう。

 

犬の成績が赤点になってしまったのは、他ならぬ保護者であるあなたの責任なのですから、しっかり教育し直してあげてください。

 

 

しつけ方法は簡単です。

 

①人間が先に食事を行う
②人間の食事が終わった後に犬に食事を与える

 

たったこの2点を続けるだけで、エサの要求吠えを直すことができるのです。

 

ただ口で言うのはとても簡単ですが、気を付けることがいくつかあります。

 

 

人間が先に食事を行う時に

2016-01-30_201331

 

 

①の場合の注意点は、

・犬をケージかキャリーに入れて“見せつける”ように食事をする

 

・吠えても暴れても無視して“絶対に”話しかけたり怒ったり目を合わせたりしない

 

この2つは特に守りましょう。

 

出来なければ悪化します。

 

 

もちろん、吠えたり暴れることによって、集合住宅であれば近隣に迷惑がかかりますよね。

 

残念ながら、《自業自得》です・・・。

 

 

気になるようであれば、ハードキャリーに入れて、全体に布を被せましょう。

 

少しは防音になります。(本当に少しだけ)

 

ケージやキャリーに入れることは、犬が暴れたり吠えたり、人間の食べ物を奪ったりすることを防ぐ目的がありますので、かならずハウスをさせてから行ってください。

 

 

人間の食事が終わった後に犬に与える時には

2016-01-30_201331 - コピー

 

 

②に関しての注意点は、

・犬が吠えたり暴れたりしている最中には絶対にエサを与えない

 

・犬がおとなしくなってから必ず与える


という2点に注意しましょう。

 

 

折角、エサの要求吠えを直すしつけをしているのに、吠えた(要求した)後にエサをあげては意味がありません。

 

吠え続けるようであれば、もうその時の食事は抜いてください。

 

水だけ飲めるようにしてもらえれば1食抜いたところで心配はありません。

 

 

赤点落第生を直すには荒療治!

2016-01-30_202105

 

 

犬は人間の言葉は通じませんので、どれだけ切々と人語で説明しようが理解は出来ません。

 

しかも、最低ランクにまで落ちてしまった以上は、本当に荒療治しか直す方法はないのです。

 

荒療治をずっと続けないといけませんし、ワンワンずっと吠えられてしまえば飼い主もストレスですが何より犬が一番ストレスを感じています。

 

けれど、最低ランクまで落としてしまったのは他ならぬ飼い主の責任ですので、あなたのストレスは自業自得です。

 

 

こうならないためにも、日頃からきちんと“エサの要求吠えをさせない”ようにしておけばすごく簡単に事が済みます。

 

吠えるようになる前に、「あなたがご飯を食べられるのは私がいるからよ」と行動で示す(人間の後に食べさせる)ようにするだけで、荒療治なんてする必要が全く無くなるのです。

 

 

エサの要求吠えを甘んじていると、そこからどんどんエスカレートして、どんどん犬が偉くなっていきます。

 

そうなると、噛みついたり襲ったり、もっと荒療治で直さないといけなくなる“問題行動”が増えてしまいますので、絶対にエサの要求吠えを甘くみないでください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬のしつけ講座   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る