犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

何でもおいしそうに食べる犬・・・理由は味オンチ!?

読了までの目安時間:約 5分

犬が何でもおいしそうに食べる理由

 

 

人間と犬の違い

犬は人間よりも嗅覚と聴覚が発達しています。

 

これは野生時代に狩りをしていた名残として今も残っているものの一つです。

 

 

狩りに特化した体に進化した犬は視力が人間よりも低いです。

 

遠い動くものをとらえるのは得意ですが近くて止まっているものをとらえるのは苦手です。

 

 

これと同じように人間よりも劣っているのは味覚です。

 

味を感じる器官を味蕾(みらい)といいます。

 

人間の舌には1万個程度あるこの味蕾ですが、犬には2千個しかありません。

 

 

これも野生時代の名残といえます。

 

なぜなら、今のように毎日食事にありつけるわけではありませんでした。

 

それなのに味を重視しておいしくないから食べないなどできるわけがありません。

 

犬は質より量を選んだのです。

 

 

なのでゴミだろうとウンチだろうとなんでもおいしそうに食べてしまうのです。

 

 

人間では考えられないことですが、生きていくために味覚はそんなにも必要ではなかったということです。

 

 

全く味覚がないのか

 

2014-08-01_205953

 

 

人間の味覚が感じるのは甘味、辛味、酸味、塩味、苦味、うま味の6つと言われています。

 

私たち人間はこの味覚があるためにより良い食事をより美味しく食べるために研究を繰り返しているのです。
さて、犬はどうでしょうか?

 

人間よりも味を感じる器官が少ない犬ですが、甘味辛味酸味塩味苦味は感じます。

 

うま味は残念ながら感じませんが、この5つは感じるのです。

 

 

好きなのは甘味です。

 

これは犬が雑食だからです。

 

果物なども食べていたため甘味を感じるのです。

 

そのため猫のような完全な肉食動物は甘味を感じません。

 

 

好き嫌い?

 

犬の早食い

 

 

人間のような味覚があるわけでもないのに好き嫌いをする犬がいます。

 

この餌は食べるのにあの餌は食べない、そんな犬を見たことがないでしょうか?

 

これは決してグルメだからではありません。

 

 

理由はシンプルです。

 

嫌う餌を食べたあとに嫌な思いをしたことがあるのが原因です。

 

例えば気持ち悪くなってしまったなど、いい思いをしていないとその餌を食べなくなります。

 

ある種のトラウマで餌を食べなくなってしまうのです。

 

 

また幼犬期からずっと同じ餌しか与えないと好みが固定されそれ以外は食べなくなりますので注意する必要があります。

 

犬は人間に比べて味オンチです。

 

しかし、あるアメリカの実験では犬がもっとも好んだ肉は牛肉だったそうです。

 

一番高い肉が好きとは、なかなか侮れないですね。

 

 

⇒【今話題】穀物不使用の海外産ドッグフード『カナガン』徹底レビュー
【詳細はこちら】

2014-12-07_104817

 

 

 

スポンサードリンク

 

愛犬の食事について   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る