犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

社会慣れさせる為に子犬の内に体験させるべきこと

読了までの目安時間:約 4分

社会慣れして散歩デビュー

 

 

 

子犬を飼い始めて、予防接種を受けると、お散歩デビューが待っています。

 

可愛い子犬をお散歩させるのは、飼い主にとって、子供が公園デビューをするのと同じくらい緊張することでしょう。

 

 

このお散歩のときに、とても怖がってしまう子もいるのです。

 

家の外に出して、リードを引っ張っても、一歩も進もうとしない子がいます。

 

 

 

お散歩も少しずつ慣れていくものなのですが、酷い怖がりにならない為に対策を考えておくことも必要です。

 

最初は、抱っこをしてお散歩をし、いろいろな景色や人、初めて見る他の犬などに合わせてあげるといいでしょう。

 

 

始めは何がなんだかわからないかもしれませんが、外の世界を見せてあげることは社会に慣れさせることです。

 

子犬のときに、いろいろなものを見せてあげましょう。

 

 

子犬の内に体験させるべき事は?

b8173dc32401dd7fac159c66a49872fc_s

 

 

初めて犬を飼うときというのは、ほとんどの場合が子犬のときから飼い始めるでしょう。

 

子犬のときは、大人や子供が見ても、可愛い、抱きしめてあげたいと思ってしまいます。

 

 

このとても可愛い時期に、何もしないでいると、子犬は社会に慣れることが出来ず、外に出て知らない人に会ったら吠えてばかりいるでしょう。

 

大人になると、しつけが出来ていない子になってしまい、飼い主から見ても言うことを聞かない、面倒な子になります。

 

 

 

これは、飼い主が子犬の大切な時期に、社会へ慣れさせる為にしてあげなければいけなかったことをしていないからダメな子になるのです。

 

生まれて2ヶ月~3ヶ月は、犬にとって社会化期といわれる、とても大切な時期です。

 

 

 

この時期に母犬から、優しくしっかりとした教育を受けていると、人の言うことをしっかりと聞く落ち着いた性格の犬になります。

 

しかし、この時期に母親から離され、新しい飼い主の元へと行っていると、飼い主が子犬のことを教育してあげなければいけません。

 

 

 

まだとても可愛い時期なのですが、良いことと悪いことをしっかり教えてあげましょう。

 

そして、外へ出たときに、落ち着いた子にする為には、子犬とボール遊びをするといいようです。

 

 

投げたボールを子犬が咥え、飼い主のところまで持ってきて渡すという遊びが犬にとっては、大人になってからのいい行動になります。

 

あと、びっくりしたときに吠えない犬にする為には、人間が発する様々な音に慣れさせると、大人になって吠えにくい犬になるでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る