犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬の遠吠えは恐ろしい?本当の意味は「寂しさ」の表れです!

読了までの目安時間:約 4分

犬の遠吠え

 

 

ホラー映画と犬のキモチ

ホラー映画で恐怖心を煽るのに定番の場面と言えば、犬の遠吠えでしょう。

 

その他にも色々な場面はありますが、犬の遠吠えが聞こえてくるだけで映画を見ている私たちの恐怖心は一気に増します。

 

まるで狩りをする前のような遠吠えを聞いて、襲われてしまうという恐怖に駆られるのではないでしょうか?

 

 

しかし、犬自身は「さあ今からお前を襲いに行くぞ」と言って遠吠えをしているわけではないのです。

 

実は「さみしいよ」と言って吠えているのです。

 

 

現代でも家の中から犬の遠吠えが聞こえてきたりするのは、「ご主人様、早く帰ってきて」という気持ちの込められたものなのです。

 

映画でありがちですが、遠吠えが聞こえてから犬が飛びかかってくるのも襲っているわけではなく「出会えて嬉しい」という喜びの気持ちからの行動の可能性が高いのです。

 

 

犬の本当の気持ちを知るとホラー映画のはずなのに何故だか犬が可愛く見えてきて、恐怖も半減してしまうのではないでしょうか。

 

 

オオカミだって…

オオカミというと恐ろしいハンターのようなイメージや悪者のイメージがあります。

 

オオカミの遠吠えこそ「さあ今からお前のところに行くから待っていろよ」と言っているように私たちは思います。

 

 

しかし実は、オオカミの遠吠えの理由も犬の遠吠えの理由と同じではないか、と言われています。

 

 

オオカミは本来群れで生活するため、何かあって群れとはぐれてしまったときは「ここにいるよ」「一人でさみしいよ」と遠吠えしているのだと言われています。

 

これを聞くとホラー映画の犬と同様にオオカミが可愛く見えてきますねw

 

 

声のトーンと犬のキモチ

吠え方でわかる気持ち

 

 

 

犬は人間とは違い言葉を使いません。

 

そのため、吠え方やトーンで自分の感情を表現しているのです。

 

 

 

例えば、寂しかったり、悲しかったりする気持ちを伝えようとするときは「ターン、ターン」と高いトーンの声で鳴きます。

 

また喧嘩などに負けてしまい逃げるときは「キャンキャン」という吠え方をします。

 

 

声のトーンが高くなればなるほど、犬は「怖いよ」「不安だよ」と強く伝えようとしているのです。

 

逆に声のトーンが低いときは「怒ってるぞ」と言っているのです。

 

 

「ウー」や「グルル」と低く唸っている犬に迂闊に近づくと攻撃されてしまうかもしれません。

 

犬の声のトーンには要注意です。

 

 

このように私たち人間の勝手な解釈とは違う犬の気持ちが吠え方にたくさん詰まっているのです。

 

私たちが犬の気持ちを理解するためには、よくよく犬の吠え方に耳を傾けてみる必要があるようですね^^

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る