犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬の喘息とは?その症状と判断の為の具体的なテスト方法!

読了までの目安時間:約 4分

犬の喘息

 

 

 

普段は元気に走り回っているけど、時々犬が変な咳をすることがある場合、喘息の可能性があります。

 

 

犬の喘息

犬の咳で考えられる病気は、ケンネルコフなどが原因の場合もありますが、今回は犬の喘息について触れたいと思います。

 

犬にももちろん喘息という病気があり、咳以外に、呼吸困難やチアノーゼ(舌が青紫色になるなど)の症状があります。

 

 

気管支炎と呼ばれる病気も喘息の一種で、私の愛犬は幼い頃は梅雨になる度に必ず発症していましたので我が家では馴染みのある病気です。

 

 

 

アレルギーによる喘息

最近は特にアレルギー体質の犬が多く、喘息の犬も珍しい話ではありません。(犬の発症は少ないそうですが‥)

 

犬のアレルギーも人間同様に個体差があり、食べ物もそうですがハウスダスト、花粉、ダニなどに弱い犬も居ますし、猫や犬アレルギーの犬だっているくらいです。

 

 

アレルゲンの特定には動物病院で行われている血液検査が有効的ですが、アレルギーはころころ変わるのでひとつの参考にしかなりません。

 

金儲けのために執拗に進める病院もあるし、「勿体ないですよ」と諭してくれる病院もあるのでそこは飼い主さんの判断で行ってください。

 

 

犬の喘息の治療方法

最善の対策方法としては、アレルギーの原因であるアレルゲンの排除です。

 

 

空気清浄機の有効活用し、掃除機も排気の粉塵に気を付けたり等、そうじを徹底するのが一番です。

 

 

動物病院での治療にもいくつかあります。

 

投薬治療やネブライザー治療などが挙げられます。

 

 

私の愛犬は、両方とも経験済ですが、子犬の頃に経験したネブライザー治療の場合は透明の箱に入れられて酸素中に薬を入れて数十分吸わせる方法でした。

 

その間はかなりのストレスだったらしく、1ヶ所に鍵をかけているのにも関わらず、上手に屋根を壊して顔を出すせいで毎回ガムテープで箱の継ぎ目をぐるぐる巻きにされていました。

 

 

今お世話になっている動物病院では、お薬の治療で対処していただいていますので、あの頃のようなストレスはありません。

 

 

発咳テストをしてみましょう

喘息の場合、獣医さんが必ず行われるテスト方法で、この咳の出方である程度病気が特定出来たりします。

 

方法としては、犬の鼻先を上にあげて首を反らし気味にし、皮膚の上から軽くデコピンをして気管を刺激します。

 

健康な状態であればそれで咳が出ることはありませんが、気管支炎などの場合は咳が出ます。

 

 

 

詳しい病名は、実際に獣医さんの診察を受けてから判断してください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る