犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬の吠え方の種類と吠え方でわかる気持ち

読了までの目安時間:約 4分

犬の気持ちがわかる

 

 

 

犬の吠え方には、いろんな意味を持っています。

 

高い声で吠えたり、低い声で吠えたりすることもあれば、長かったり短かったりする吠え方もあります。

 

 

同じ犬なのに、吠え方だけを聞いていると違う犬のように聞こえるほどなのです。

 

言葉を喋れないので、吠え方を微妙に変えて、言葉としているのでしょう。

 

 

 

遠くまで聞こえるように吠えるときは、遠くの犬仲間に聞こえるようにするときだったり、大人になったのに、高い声で鳴くときは、飼い主におねだりしたり甘えているときです。

 

 

ただ吠えているというわけではなく、相手に伝える為に吠えていることがほとんどです。

 

よく聞いてみると、吠え方で、今何を伝えたいのかがわかってくるようになります。

 

犬との付き合いがもっと楽しくなるでしょう。

 

 

犬の吠え方の種類

犬の吠え方には、簡単なもので、少なくとも10種類以上はあります。

 

嫌いな人だから吠えているとか、お腹が空いたとか、人間からしてみると数種類しかないのではと思ってしまいそうですが、実際は微妙な吠え方の違いで意味も変わってくるようです。

 

 

犬に興味が無い人が聞くと、吠え方なんてどれも一緒で、やみくもに吠えてるだけと思ってしまうようですが、犬の飼い主や犬好きな人からすると、言いたいことがわかってきます。

 

 

地震がおきる前など、今まで聞いたことも無いような吠え方をしたという話を聞きます。

 

犬は大事な飼い主に知らさなければいけないと、一生懸命に伝えようと吠えてくれています。

 

 

きちんと耳を傾けると、挨拶だってしてくれています。

 

飼い主と犬だって、会話が出来るようになります。

 

 

犬の吠え方でわかる気持ち

犬は、ただお腹が空いたというだけで、吠えていることはありません。

 

飼い始めは、何でこんなに吠えるのかと、全くわからない飼い主が多いのですが、犬は飼い主に伝えたいことがあって吠えているということを理解しましょう。

 

 

吠え方をよく聞き分けてみるようにすると、何度も吠えるときがあれば、数回で終わるときもあります。

 

低い声のときや、遠吠えのように吠えるときもあるのです。

 

 

犬はこのとき、どこを見ているでしょうか。

 

体は、どのような姿勢をしているのか覗いてみると、吠え方と姿勢で伝えたいことがわかってきます。

 

 

最初は、よく吠えてうるさい犬と思ってしまうかもしれませんが、吠えることには全て意味があり、飼い主にお知らせしてくれていると思ってあげましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る