犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬の去勢・避妊手術は必要?そのメリットとデメリットとは・・・

読了までの目安時間:約 5分

手術はどういう時にオススメ?

 

 

 

犬を飼うときに、一匹だけを飼うのであれば、あまり考えないことなのかもしれませんが、多頭飼いをしたいとなれば、考えなければいけないことがあります。

 

オスとメスを飼ってしまうと、どうしても繁殖行為を行ってしまう可能性があるのです。

 

 

気をつけていれば大丈夫と思ってしまうのですが、もしかしたらということがおきてしまいます。

 

生まれた子犬はとても可愛いのですが、何匹も飼うことが出来ないとなると、里親探しをしなければいけません。

 

 

こうなると、母犬にとっても可哀相ですし、母犬とずっと一緒にいることが出来ない子犬も可哀相です。

 

大切な犬が望まない妊娠をしてしまわないように、オスの去勢とメスの避妊手術のことを考えるのは、とても大切なことです。

 

 

では、去勢や避妊手術をした場合のメリットとデメリットをオス・メス別に見ていきましょう。

 

 

オス犬に去勢手術した時のメリット・デメリット

去勢のメリットとデメリット

 

 

飼い犬がオスの場合、去勢手術をするとメリットがたくさんあります。

 

 

一番いいメリットとしては、オス特有の病気を防ぐことが出来ます。

 

前立腺や精巣といった、性器へ腫瘍が出来る病気になりません。

 

発情する欲求が抑えられるようになりますので、散歩中の問題行動がなくなります。

 

あと、散歩中にマーキングもしない子になるでしょう。

 

ストレスや病気が少なくなるので、健康的で長生き出来る子になってくれます。

 

 

 

しかし、デメリットもあり、手術を行うことにより、元の体に戻してあげることは出来ません。

 

そして、少し太りやすい体になっていくことが多いようです。

 

去勢手術をすると、食事や運動に気をつけてあげることも、とても大切なのできちんと管理をしてあげましょう。

 

 

メス犬に避妊手術した時のメリット・デメリット

避妊のメリットデメリット

 

 

メス犬の場合も、避妊手術を行うとメリットがたくさんあります。

 

それは、病気に掛かるリスクを下げることが出来るというのが、一番のメリットなのです。

 

 

メス犬は、乳腺炎や乳がんになる確率が、避妊手術をしていない場合だと、25%だといわれています。

 

これが、初めて発情期を迎えるまでの早い時期に行っていると、0.5%という確率までに抑えることが出来ます。

 

 

そして、妊娠をしなければ、何匹も産まれてしまった子をメス犬から離すということをしなくてもいいのです。

 

犬の場合、発情期はとてもストレスを感じるようですが、ストレスも軽減されます。

 

妊娠による感染症も防げますので、安心です。

 

 

しかし、オス犬と同様に太りやすくなるというデメリットもありますので、体重管理には注意しましょう。

 

 

 



 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る