犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬にサプリメントってどうなの?必要性と注意点を犬のプロが解説

読了までの目安時間:約 5分

犬用サプリメントの必要性

 

 

 

最近では、犬のサプリメントも随分と充実してきました。

 

以前、私もお客様に頼まれて色々とサプリメントを調べたり、海外から輸入したこともありました。

 

 

そもそも、犬のサプリメントって一体どういうものでしょうか?

 

 

サプリメントとは、医薬品ではありません

人間同様、犬のサプリメントも医薬品ではありません。

 

そのため、薬事法は適用外になります。

 

 

ペット業界では最近、ペットフード安全法という法律が施行されましたが、もちろんですがサプリメントは対象外です。

 

つまりどういうことかと言いますと、好き勝手作れてしまいます。

 

あまり聞きなれないメーカーを利用するのはオススメしません。

 

 

そして、愛犬に必要な内容のサプリメントだけにしてあげてください。

 

 

まずは愛犬の体を理解する

2014-12-01_175338

 

 

例えば私のお客さまの例ですが、サプリメントを与えている方も多くいらっしゃいます。

 

 

お客さまの場合は、動物病院の診断で椎間板ヘルニアになりかけている場合や、元々股関節が弱くて動物病院での診断で年齢的にもそろそろサプリメントを初めてもいいのではないか?という
結果を元に与え初めています。

 

肝臓が悪い犬の場合も、獣医さんに言われてサプリメントを始めたパターンでした。

 

 

つまり、飼い主の独断で始めていないのです。

 

 

関節のために与えるサプリメントの場合はあまり問題はありませんが、食欲不振や内臓系のサプリメントに関しては、特に獣医さんに診てもらってから判断してください。

 

 

何度も言いますが、サプリメントは医薬品ではありません。

 

治療が出来るものではないので、まずは気になることは獣医さんに相談しましょう。

 

 

年齢と共に関節系のサプリメントを

2014-12-01_175128

 

 

人間でも特に言われていますが、関節系のサプリメントはやっぱり与えてあげたほうがいいと思います。

 

 

サプリメントなので、「治った!」とは言えないのですが、私の愛犬は足が細く、若い頃から関節を痛めやすいです。

 

びっこを引く度に獣医さんに診せたこともありましたが、レントゲンでは何も問題がないので診察だけで終わることも多かったです。

 

 

特に、冬場は冷えて関節が痛むそうで、歩き方がなんだか変になってしまいます。
(寒いから縮こまっているだけかもしれませんが‥)

 

そういう時、やっぱりグルコサミンのサプリメントを与えてみるのですが、与えると結構調子が良さそうです。

 

 

特に、今はもうシニアと呼ばれる年齢になってきているので、寒くなってくるとグルコサミンを摂らせてあげます。

 

「グルコサミンが多く入っています」という名目で販売されている犬のおやつや缶詰もあるのですが、そういったものはあまり多く入っているものではありません。

 

きちんと、その成分を摂らせたいのであればやっぱりサプリメントが一番です。

 

 

どういうサプリメントがいいのかは、体質によって変わってきてしまいます。

 

これは人間にも言えることなのですが、やっぱりサプリメントはいろいろと試してみて、犬の調子を見てあげてくださいね。

 

 



 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識 犬を知る 犬用品の知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る