犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬が急に『目をそらす』3つの理由

読了までの目安時間:約 4分

犬が目をそらす

 

 

 

人間は都合が悪い事が起きると目をそらします。

 

「あ、嘘をついてる」「何か都合が悪いんだな」と瞬時に判断することが出来ますが、犬にも同じ現象が起きます。

 

 

ただ、犬が目をそらす場合は意味合いが変わってきますので、人間と同じに考えてはいけません。

 

 

目上の相手と対峙した時

飼い主の立場が犬より上であれば、犬はすぐに目をそらします。

 

犬にとって目を合わせる行為は、「喧嘩開始」の合図になるので、強い個体とは目を合わせないように本能がそうさせるのです。

 

 

逆に、最近は目をそらさない犬が増えてきているのですが、それは人間を下に見ている証拠です。

 

家でのしつけ、上下関係がきちんとできていないため、外に出ても人間を馬鹿にしているのです。

 

 

その場合はこちらも目をそらさないようにしましょう。

 

そらした時点で「お前のほうが弱い」になってしまうからです。

 

そうなると、次にその犬と目を合わせた時はこちらがそらさなければ、吠えられたり咬みつかれたりしてしまうこともありますので、初めて会う場合はそらしてはいけません。

 

 

しかし、しばらく見つめ合ってしまうとそれが喧嘩の合図になってしまうため、強気に目をそらさない犬の場合は、目を合わせたまま横にボールを投げてみたり、手を横に動かしてみたりして犬の視線を強制的にそらしましょう。

 

 

飛び切り嬉しい時

実は、飛び切り嬉しい時にも目をそらすことがあるんです。

 

これは全ての犬ではなく、よくしつけられた犬に見られる行動です。

 

例えば飼い主の手におやつが握られているのを発見した時や、大好きなおもちゃで遊んでもらえるとわかった時に、尻尾を振りながら大喜びをしつつもプイと視線をそむけます。

 

犬が嬉しい時、飛び掛かってきたり顔をぺろぺろ舐めそうなものですが、それはしつけが行き届いていない犬に見られる行為で、しつけが行き届いている犬は興奮が高まるとわざと目をそらして、興奮した自分をクールダウンしようと努力するからです。

 

 

困った時や苦手なことをされそうな時

例えば歯磨きが苦手な犬が歯ブラシを見せたり、爪切りが苦手な犬に爪切りを見せた時、「勘弁してください…」という意味合いを込めて目をそらします。

 

 

これも同じように自分を落ち着かせるための行為でもありますが、興奮している時とは違い、「大丈夫、大丈夫‥」という暗示のようなものです。

 

また、興奮している時は尻尾が動いていますが、この場合は尻尾が動かずむしろ下がっている事が多いので見分けやすいと思います。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る