犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬が体をブルブル震わせるのは・・・その意味と対処法!

読了までの目安時間:約 4分

 

震える犬

 

 

 

大型犬になってくるとあまり見かけない光景ではありますが、小型犬を飼っている人は目の当たりにしたことのある「犬がブルブルと身体を震わせる」行為。

 

 

チワワなんかがよく行いますよね。

 

これも犬の言語、『カーミングシグナル』の一種になってきますが、詳しくこの行為の意味を理解してください。

 

 

なぜ行うのか?

もちろん、怯えている証拠でもありますが、同時に自分を落ちつけようとしている状態でもあります。

 

 

中には、ブルブルするだけで「まあ!○○ちゃん!どうしたの!?」と飼い主が構ってくることを学習してわざと行う犬も居ます。

 

一番わかりやすいのが、動物病院へ連れて行ったとき。殆どの犬がブルブルと震えていますよね。

 

中には、それ以上に抜け毛やフケなどが出てしまうことも…。

 

これも全て、「病院は嫌だけど耐えなくては…」という、怯え&自分を落ち着けるための行為なのです。

 

 

どうすればいいのか?

まず、犬を落ち着けるようにしてあげましょう。

 

 

よくしつけの特集をしているテレビや本では、飼い主があくびをしている姿を見せてあげる‥・

 

なんていう方法を挙げていますが、これもある意味効果的です。

 

でも、一瞬紛らわせる程度なので、待合時間の間に何度あくびをすればいいのでしょうね…?

 

 

出来るなら気持ちを紛らわせてあげましょう。

 

病院におやつを持って行くのは、他の人たちの迷惑にもなりかねませんので、例えば看護師さんに一声かけてから外へ連れて行ってあげるなど、気分転換させてあげるのもいいですね。

 

しかし、一旦出てしまうと「俺はもう戻らない…!」と病院の前で動かなくなる犬も居ますので、小型犬であれば病院が近付いたら抱っこして連れて行きましょう。

 

待合室にいる間は、毛並みに沿って身体を撫でてあげたり、「大丈夫だよ~」と声をかけたりしてあげると効果的です。

 

他には、普段使っているキャリーを持って行くのも効果的です。

 

犬は狭い空間の方が落ち着きますので、自分の臭いがついたキャリーは安心できる場所なのです。

 

 

アフターケアをしましょう

わかりやすい例で、病院が終わったあとのこと。

 

 

「よく頑張ったね~えらいえらい!」と必ず褒めてあげてください。

 

家へ着いてからではなく、診察室から出た辺りが効果的です。

 

 

トリミングサロンが嫌いな犬も、引き取ったらすぐに褒めてあげましょう。

 

次に行ってもブルブルと震えてしまいますが、それでも飼い主に褒めてもらえるのであれば「今日も頑張るぞ…!!」と、少しでも犬の気持ちが違うものです。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る