犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

子犬がぬいぐるみを振り回す行為は絶対放置しない!噛み犬になる原因です

読了までの目安時間:約 6分

子犬がおもちゃを振り回す

 

 

 

子犬が成長をしていく過程で、次第におもちゃに興味を示していきます。

 

色々なものがありますが、例えばピーピーと鳴るものを噛んだり、布製のぬいぐるみを振り回したりと、犬の習性によってもおもちゃの遊び方が違ってくるので、他の犬種を飼っている人とこの話をするとかなり違った発見があるので、私は好きです。

 

 

子犬におもちゃを与える行為、実は悪影響です

世間では、甘噛み防止のためにおもちゃを常に与えましょう。

 

布を噛ませましょう、ぬいぐるみを噛ませましょう…

 

なんて、指導する人も多いです。

 

 

しかしこの行為、誤った与え方をすることで噛み癖を促進することになりますので、きちんと理解して与えましょう。

 

例えば、先程も触れた通り、おもちゃの遊び方は犬の種類によって結構異なってきます。

 

ぬいぐるみを与えた時に振り回して遊ぶ犬も居れば、執拗に噛むだけの犬も居るし、目玉など千切ろうとする犬も居るし、飼い主に持ってくる犬も居るし、全く興味を示さない犬も居ます。

 

 

これらは性格によっても異なりますが、犬種によって大体似通ってきています。

 

 

ダックスフンドはすぐおもちゃを壊す

2014-10-21_173101

 

 

私が一番最初に「犬種によって遊び方が違う!」と感激したのは、ダックスの遊び方を見ている時でした。

 

周りにダックスフンドを飼っている人が多いので見る機会が多いのですが、ある日知人のダックスフンドが私の犬のおもちゃで遊んでいた時、前足でおさえつけてぬいぐるみのおもちゃを咥えて千切ろうとする光景が目に入りました。

 

よくダックスを飼っている人が「すぐおもちゃを壊しちゃうのよ~」と言って、勤め先におもちゃを頻繁に買いに来る光景を目にしていた私は「こういうことか!」と思い、それから何人ものダックスの飼い主さんたちと話しましたが、皆同じような光景でした。

 

 

ほとんどの犬が、ぬいぐるみのおもちゃであれば咥えて振り回し、地面に叩きつける光景が一般的に見られた中、ダックスフンドの遊び方には習性が関わっているのか、他とは違って感動したのを覚えています。

 

 

ぬいぐるみを振り回して地面に叩きつける行為

2014-10-21_174421

 

 

この行為に関してですが、中に笛が入っていれば振り回して叩きつける度にピーピーと音が鳴ります。

 

それが楽しくて犬はそうやって遊ぶのだろうと考える人が多いですが、違います。

 

 

犬は元々狩猟をしていた生き物なので、この行為は捕まえた獲物を殺すために岩場に叩きつけている行為の名残なだけです。

 

つまり、かなり残虐な遊び方をしているのです。

 

それで、ピーピーと鳴る笛の音は“獲物の断末魔”なので、更に興奮は掻き立てられます。

 

 

ぬいぐるみを振り回す行為を続けることによって起こる問題

angry-dog

 

 

ぬいぐるみに限らず、これらの行為を行う犬は非常に“噛み犬”に育ちやすい傾向にあります。

 

子犬でも、6ヶ月辺りからぬいぐるみを振り回したりしますが、続けることで《噛むこと》が身についていくのです。

 

 

犬は、興奮すればするほど噛みたい衝動に駆られます。

 

それは、狩りをしていた本能なので仕方がありません。

 

 

狩猟犬でもレトリーブを目的としてつくられたレトリーバー系は《噛んでも歯型がつかないような口》の構造をしていますが、テリア系の犬の口は《咬み殺すための口》をしています。

 

闘犬は、《咬んだら離せない》《咬んだらダメージが大きい》口のつくりをしています。

 

 

これらの犬は、本能的に咬むことに衝動が沸き起こって行き、たとえおもちゃであっても、顎を使って強く噛むことで抑えていた衝動はどんどん強くなっていくのです。

 

特に、皮膚の感触なんて堪りません。

 

そういうのを《咬むため》につくられたのですから、当然です。

 

 

これらの衝動を続けさせれば、当たり前ですが噛む楽しみを知っています。

 

この延長で、人間の体を噛んだことがあるのなら、もうそれは立派な噛み犬です。

 

嫌なことがあれば牙を剥き、噛むようになるでしょう。

 

 

そうならないためにも、おもちゃを与えっぱなしにせず、例えば振り回して遊ぶ犬を飼っている人は十分に注意をすべき点だと思っています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る