犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

中型犬に適した首輪の選び方とその理由を徹底的に解説します

読了までの目安時間:約 5分

中型犬の首輪の選び方

 

 

小型犬までは、首輪という存在はどちらかと言えば『オシャレ感覚』で楽しむ方も多いと思いますが、中型犬からはそうもいきません。

 

 

小型犬とは違い、力強い犬種が多い中型犬にもなってくると、首輪を『オシャレ感覚』では楽しんでいられなくなりますし、楽しむべきではありません。

 

 

ここで言う中型犬というのは、だいたい6kg~15kgくらいの犬のことを指します。

 

こういった犬種には、どういった首輪が適しているのでしょうか?

 

 

中型犬に最適な首輪とは・・・

2015-06-09_131321

 

はい、言わなくてもわかるとおり、《ベルトタイプ》の首輪が適しています。

 

布製の頼りない首輪や、《バックルタイプ》の首輪なんて言語道断です。

 

2015-06-09_131447

 

強度がアップしていようが、怖くて私は使いたくありません。

 

 

ホテルやシッターで犬をお預かりする際、犬を散歩に連れて行かないといけない場合、こういった《バックルタイプ》の首輪を使っている犬の場合は、絶対にもう一本首輪をつけていきます。

 

楽々に簡単に脱着出来る時点で、何の信頼も持てませんしね。。。

 

 

2015-06-09_131841

 

また、中型犬クラスのサイズになってくると、引っ張った時の力はかなりのものです。

 

きちんと飼い主がトレーニングが出来ていない犬は、どんどん引っ張り癖がついていき、喉を締め付けられて嗚咽を漏らします。

 

そして、最低限のトレーニングも出来ない知識のない飼い主は、更に犬に悪影響を与える行動、『ハーネルを使って』しまうのです。

 

 

何度も何度も記事で申し上げましたが、ドクターストップでもかからない限りは首輪を利用してください!

 

ハーネスを利用している人の9割は

 

「うちの犬は首輪だと、散歩中にすぐに首が締まって噎せてるの」

 

という、『私はしつけも出来ない飼い主です』アピールをさも正当化して喋っていますが恥ずかしくないのでしょうか?

 

 

特に、中型犬にもなると、“大きくて怖い”と感じる犬嫌いの人とすれ違うことだってあるのです。

 

だからこそ、引っ張らないトレーニングは必要ですし、引っ張ったら苦しい思いをすることを首輪をもって教えなければいけません。

 

小型犬の飛びつきなんて抑えることは容易いですが、中型犬が突然ワッと跳びついていってしまえば、すぐに抑えることができますか?

 

皆が皆、“あなたの犬をかわいいと思っている”わけでは“無い”のです。

 

 

犬が怖い人だって、世の中にはたくさんいるのです。

 

そういう人たちに迷惑をかけないようにするのが、愛犬家としての最低限のマナーです。

 

 

傲慢になってしまえば、犬を飼う資格はないどころか、あなたは犬を不幸にしている虐待者です。

 

知らず知らずの内に大切な愛犬を虐待しないであげてください。

 

 

中型犬を飼うなら首輪!

 

器官にトラブルでもない限り、ハーネスの使用は控えてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識 散歩について 犬用品の知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る