犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

どっちがボス?散歩でリードを引っ張る犬の心境とは

読了までの目安時間:約 5分

リードを引っ張る犬

 

 

 

飼い主と犬との関係

犬の社会は縦社会です。

 

よってリーダーの言うことには絶対服従しなければならないのです。

 

いくら犬が人間と暮らすようになって長い歳月が過ぎたと言っても、この考え方は変わりません。

 

なので飼い主が「自分がいかにリーダーであるか」を犬に認識させることができるかが重要になります。

 

 

可哀想だから、と言って少しでも犬の言う事を聞いてしまったりでもしたら、犬は自分がリーダーだ、と思い込み言うことを聞かない犬になってしまいます。

 

そうなるとわがままし放題になり、飼い主の手には負えません。

 

それでは仲良く楽しく暮らすのが難しくなってしまうのではないでしょうか?

 

そうなってしまわないように日頃から飼い主がリーダーであることを犬に認識させることをしていきましょう。

 

 

散歩でリーダーであることを認識させる

いつもいく散歩の時間が近づいてくると犬が「早く、早く」とせがんでくることがあると思います。

 

それに「仕方ないなあ」と思って重い腰をあげ散歩へ出かける、そんなことをしていませんか?
もし、しているのなら、すぐにやめましょう。

 

 

これは犬からすれば自分の思い通りになっている、すなわち自分がリーダーだと勘違してしまう要因となります。

 

なので飼い主が行きたい時間に散歩に行くようにしましょう。

 

そうすれば自分の思い通りにはならないので飼い主の方が上だと犬も思います。

 

 

また、散歩中にぐいぐいとリードを引っ張り、前を歩く犬がいます。

 

元来犬は群れで生活する生き物でした。

 

よって先頭を行くことはリーダーの証なのです。

 

先頭を歩くと言うことは必然的に行き先を決めていることになります。

 

群れで暮らしていた当時はリーダーが群れの行き先を決めていたのです。

 

なのでこの行動を放っておくと自分がリーダーだと犬は思ってしまいます。

 

 

また、ぐいぐいとリードを引っ張るということは同時に首輪で首がしまっているということ。

 

これは気管を傷つけることになるのでやはり犬に先頭を行かせないように飼い主がリーダーであることを自覚させましょう。

 

犬に決定権がないことを教え込むことが重要になります。

 

なので散歩中に犬がまっすぐ進もうとしたら、敢えて曲がってみたりして飼い主が進む方向を決定します。

 

 

また、先頭に行きそうになったときは「おすわり」などの命令をして止まらせます。

 

これをするためには日頃「おすわり」「待て」などのしつけをしておくことが大切になります。

 

 

リードの種類

2014-07-20_093038

 

 

最近のペットブームにより、様々な素材、長さのリードが巷では溢れています。

 

可愛いから、かっこいいからなどの理由でリードを選ぶとしつけがしにくくなりますので注意しましょう。

 

 

紐が伸びるリードがありますが、犬が自由に動けてしまうので飼い主がリーダーであることを教えるのには不向きです。

 

丈夫で、だいたい腕をあげて先端が地面につくくらいの長さのものがよいでしょう。

 

また滑りにくい皮製品もおすすめです。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識 散歩について   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る