犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

自分が希望する子犬を選ぶ!超簡単な性格の見分け方法☆

読了までの目安時間:約 4分

子犬の性格見分け方

 

 

 

ペットショップで子犬を購入した方には馴染みがありませんが、ブリーダーで子犬を購入した方は、たくさん居る子犬の中から選ぶのに苦労しませんでしたか?

 

どの子も可愛くてなかなか選ぶことが出来ず、犬好きであれば本当に苦渋の決断になったことだと思います。

 

 

犬も“十犬十色”なので、もちろん同じ犬種でも性格は異なります。

 

ここでは、犬の性格の見分け方について説明していきます。

 

 

一番始めに走ってくる子犬

たくさんいる中から、必ずしゃしゃり出てくる子犬が居ます。

 

積極的で自己主張が激しく、テンションが高いので、しつけの面では苦労することも多いです。

 

飼い主を独占したがるタイプなので、多頭飼いで複数飼おうと思っている家にはあまり適しません。

 

 

1頭で飼う場合には、飼い主を守ろうとする気持ちが強いので、ボディガードになってくれる可能性があります。

 

ただし、主従関係が逆転し易いのでしつけはきちんと行いましょう。

 

 

守ろうとする気持ちが強い犬は、攻撃的な面も持ち合わせています。

 

 

最後に寄って来る(もしくは寄ってこない)子犬

他の子犬があなたとじゃれているのと遠くから見て居たり、他の子犬の後から走ってくる犬は、慎重で大人しい性格です。

 

とても飼いやすく、初めて犬を飼う時はこのタイプを選ぶと苦労が少なくて済むはずです。

 

 

マイペースではありますが、とても頭が良く、トレーニングしやすいです。

 

怖がりな性格でもあるので、小さな子供の居る家庭などにはあまり向かないかもしれません。

 

 

愛想の良い子犬

初対面の人間にも飛びついてきたり、よく動いてとにかく明るい子犬は
外向的な性格です。

 

ドッグスポーツをしたり、遊び相手として犬を飼おうとしている方にはぴったりな子犬です。

 

 

一見、愛想が良いので看板犬に向きそうですが、興奮度が高いので無駄吠えが始まり兼ねないのでオススメはできません。

 

外向的な性格なので、番犬には向かないでしょう。

 

 

また、元気すぎるため、高齢者や子供には手に余る可能性もあるので、そういったお家には適さないかもしれません。

 

 

最後に

小さな子犬の時期でも、既に犬の性格は出ています。

 

 

犬種によってもまちまちにはなりますが、あくまで一つの目安として参考にしてみてくださいね。

 

 

犬の性格は性別によっても左右されてきます。

 

よく聞くのは、オスのほうが社交的でメスの方が気は強いです。

 

 

メスは、自然界でより強い子孫を残すために、誰でもウエルカム!

 

というわけにはいかないので、どうしても気が強くなりがちなのです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

これから犬を飼う人   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る