犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬を飼い始めた時に最初に絶対揃えるべき犬用品

読了までの目安時間:約 7分

犬用品絶対必要なもの

 

 

 

初めて犬を迎える際、何を揃えたらいいのかわかりませんよね?

 

特に、まだ社会性のない子犬を迎える場合なら尚更です。

 

 

私も犬を迎える前にはかなり勉強をしました。

 

これだけは絶対!犬を飼う為に必要なアイテムを紹介します。

 

 

サークル、ケージ、バリケンネルなどのハウスになるもの

2014-11-19_192322

 

 

子犬の場合であれば散歩はまだ行けませんので、首輪やリードを揃えるのは後回しです。

 

必ず、犬を迎えたその日から用意してほしいのが、この《ハウスになるもの》です。

 

 

子犬の場合、買い替えるつもりで今のサイズに合わせるのもOKですし、純血種であれば成犬になった時のサイズがある程度わかりますので、それを見越して購入しても構いません。

 

 

ただし、広すぎるものはNGです。

 

広すぎる場合には、毛布やタオルなどを入れて狭くしてください。

 

 

キャリーなどは、犬が一回転出来るサイズが好ましいです。

 

犬は巣穴で生活していた生き物だったので、狭くて静かな場所を好みます。

 

そのため、狭くて静かな犬の場所を作らなくてはいけません。

 

 

サークルなどをハウスに利用するのであれば、併用してバリケンネルや硬いキャリーなどを置いてあげましょう。

 

クレートやケージの場合は上から布やカバーなどを被せて、周囲が見えないような状態にしてあげてください。

 

 

置く場所はテレビの横やリビングのど真ん中ではなく、端っこの静かな場所にしてあげましょう。

 

初めて来た場所だと、犬も不安で鳴いてしまうこともあります。

 

 

ですが、ハウスに入れている時に鳴いている場合は、無視してください。

 

そこで扉を開けて自由にしてしまうと、あなたの犬はもう「しつけの第一歩」を踏めていない駄目犬への道を歩みます。

 

 

食器

2014-11-19_192421

 

 

最低2つ、食事用の食器(フードボウル)と水飲み用の食器(ウォーターボウル)が必要になってきます。

 

 

犬の食器は素材が様々ですが、用途に合わせて使い分けてください。

 

以前の記事でも説明していますので、今回はその話題は割愛します。

 

※過去記事 ⇒【犬の食器】種類別の選び方!それぞれのメリットとデメリット

 

 

フードボウルは、犬の1食分が入るくらいのサイズで、洗い易いものを選んでください。

 

ウォーターボウルは、少し深めでも大丈夫です。

 

よく水を飲む小型犬であれば、中型犬向きのフードボウルを利用しても問題ありません。

 

水だけは切らさないようにしてあげてください。

 

 

ペットトイレ、ペットシーツ

2014-11-19_193030

 

 

犬を室内で飼う時、トイレの回数が多い子犬時期の犬を迎える時、必ずこれらが必要になってきます。

 

「うちは外でさせるからいいわ」
「外でさせた方が経済的でしょ?」

 

なんていう、不届きな飼い主が居ますが、そんなことありません。

 

 

死ぬまでずーっとあなたが、あなたの自宅で、環境が変わらない状態で15年くらいその犬を飼うのであれば別に文句はいいませんが、犬が生きて行く15年の間、もちろん入院だってあるでしょうし、ホテルに預けることもあります。

 

大型犬であれば、寝たきりになった時に10年後のあなたが毎日犬を抱っこして外に連れていけますか?

 

おしっこの色が違ったり、血尿が出ていることをすぐに気付けますか?

 

 

ペットシーツでトイレが出来ることで、犬のストレスや病気はかなり軽減されていきます。

 

散歩=トイレいう認識をしている人は、考えを改めてください。

 

 

そして、雨の日も台風の日も雷の日も犬を外に連れて行く人はそれは散歩でもトイレでもなくただの“虐待”です。

 

雨の日に犬を外に出して濡らし、そのあと帰宅して毎回シャンプーをして完璧に最後まで乾かしている人なら問題ありませんが、そんな人ってほとんどいませんよね?

 

 

雨や泥はとても不衛生で、水洗いだけでは落ちません。

 

犬の肌は濡れた状態のまま置いておくと、アトピーやアレルギーの原因になっていきます。

 

ペットシーツでトイレが出来ない事で、あなたはあなたの愛犬を虐待しているという自覚をしっかり持ってほしいです。

 

 

その他

首輪、リード、おもちゃなどは家に応じて変わってきます。

 

 

そのため、犬を飼う為に必要なアイテムとは必ずしも言えないので、これらはご自身のライフスタイルに合わせて購入してください。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門店
【詳細はこちら】

 

 

 

スポンサードリンク

 

これから犬を飼う人 大切な犬の豆知識 犬用品の知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る