犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

梅雨の時期に気をつける犬の飼い方

読了までの目安時間:約 3分

梅雨に気をつけること

 

 

犬を初めて飼うという人は、あまり気にしていないかもしれませんが、梅雨の時期は犬にとって一番気をつけなければいけない時期です。

 

春から夏にかけて、温度も急激に上がってきますし、1年のうちで湿度も一番高くなります。

 

 

人間も気をつけなければいけませんが、犬も食中毒に注意が必要です。

 

最近では犬が飽きないように、ウェットフードの種類も増えてきました。

 

ウェットフードの食べ残しをそのままにしておくと、菌が繁殖しやすくなります。

 

 

固いドライフードだと、食べ残しをそのままにしておいても大丈夫と思っていてはいけません。

 

ドライフードであっても、梅雨の時期は菌が発生することがあるので注意しましょう。

 

 

大切な犬が食中毒を起こし、苦しんでいる姿は見たくないものです。

 

食事の容器もプラスチックで傷がついてしまえば、そこから菌が発生するかもしれません。

 

容器は簡単に持ち運べないような陶器でもいいでしょう。

 

 

あと、ベッドやおもちゃなども、日光に当てることも必要です。

 

日光を当てることにより、少しでも菌を防ぐことが出来るでしょう。

 

 

 

犬にとって大切な病気も梅雨の時期は多いです。

 

毛に覆われていますから、ノミやダニが発生しやすくなります。

 

病院で薬をもらって、痒くなる前に防いであげて下さい。

 

 

そして、犬には垂れ耳の子が多いです。

 

垂れ耳の子は耳の中の通気性が悪いので、梅雨の時期は外耳炎を起こしやすくなります。

 

普段から、清潔を心がけ、気を付けてあげるようにしましょう。

 

 

 

⇒『知っとかないと損する!?』ペットジャンル1位の専門通販
【詳細はこちら】

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

これから犬を飼う人   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る