犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

子犬を初めての散歩させる時に絶対注意してほしい事

読了までの目安時間:約 9分

子犬の散歩

 

 

 

子犬が家に来たら早速散歩に出かけたくなりますよね。

 

けれど、子犬を外に連れ出すのは最後の混合ワクチン接種が終わってから、最低でも1週間後にしてください。

 

ワクチン接種が終わる時期は、獣医さんや購入先によって異なってきますが、基本的には生後3~4カ月くらいになるはずです。

 

 

「ワクチンも終わったし、いざ!」

 

 

と思って、突然子犬に首輪とリードをつけて強引に引っ張って外に連れ出してしまうのはタブーです。

 

生まれて初めて外に出る行為は犬にとって非常に重要になります。

 

きちんと段階を踏まなければ、外が嫌いな犬に成長してしまいますので、あらかじめ練習しておきましょう。

 

 

 

初めての散歩に子犬を連れ出す前に注意する事

2014-12-04_224904

 

 

危険の少ない家の中とは違い外というのは危険がたくさんあります。

 

子犬が人間より体が何十倍も小さいのは見てわかる通りですが、その分、人間の何十倍も子犬は外の世界を広く感じています。

 

 

人間より耳も鼻も優れている犬という生物は、当たり前ですが人間よりも多くの音や臭いを感じています。

 

あなたの目線で考えず、必ず子犬目線に立ってから散歩に連れていくようにしてあげましょう。

 

 

初めての散歩がワクチン接種後になる理由

2014-09-30_162431

 

 

混合ワクチンというのは、犬同士の間などで起こる感染症を防ぐ目的でするものです。

 

弱らせたウイルスを身体の中に入れて、自分の力で抗体を作るというものなので、接種後は体調を崩しやすいです。

 

 

そのため、シャンプーですらも10日ほど空けてあげないと犬の体のために良くありません。

 

 

これは成犬にも言えることなので、子犬だけだと思わないように。

 

 

 

私の持論としては、初めての散歩はワクチン接種後の2週間後にしたほうが間違いないと思っています。

 

摂取後からかなり余裕を持たせたほうが犬のためですが、あまり遅すぎるのも良くありません。

 

 

ちなみに、その間はきちんとワクチン接種をしている犬であれば会わせても問題はないのですが、外には不特定多数の犬が居り、もちろんのことながら全頭がワクチン接種をしているわけではありません。

 

これは私も信じられなかったのですが、日本国内のかなり多くの犬がワクチン接種をしていないのです。

 

そういった犬はもしかしたら感染症にかかっているかもしれませんし、そういった犬の排泄物から感染する病気もあるのです。

 

 

ワクチンをしてすぐには抗体が出来ず、接種後であっても1週間以内に病原体に触れてしまえば、病気になってしまうのです。

 

そこを理解したら、とてもじゃないけどすぐには散歩に連れていけませんよね?

 

 

初めての散歩の前に子犬に慣らしてほしいこと

ぶっつけ本番で散歩に行くのではなく、その前に子犬に散歩の練習をしてあげましょう。

 

★首輪をつけても嫌がらない練習
★リードで繋がれても歩ける練習
★外の騒音や臭いに慣れる練習

これらはかならず行いましょう。

 

やってほしい順番に並べているので、まずは首輪をつける練習から始めます。

 

 

★首輪の練習

今まで何もつけてこなかった子犬は、首に違和感があるとそれだけで嫌がって暴れたり、歩かなくなったりします。

 

もし、慣らしていないまま外に出て首輪が外れると危険です。

 

最後のワクチンが終わったら、家の中で首輪をつけてあげましょう。

 

 

最初は布製やビニール製の軽くて装飾の無いシンプルなものを使ってあげてください。

 

お洒落な首輪をするのは1歳になってからです。

 

 

最初はつけてすぐに外す。

 

もし最初から嫌がらなければつけた状態で様子を見てください。

 

毎日5分程度、1日に何度か行いましょう。

 

 

★リードを繋ぐ練習

首輪に慣れてきたら、今度はリードを繋いでみます。

 

リードで繋がれると今度は自分の身動きが制限されて座り込んで動かなくなる子犬も居ます。

 

 

これも、無理のない程度に1日5~10分程度、
最低でも1日2回は行ってあげて、家族みんなでリードを持って練習しましょう。

 

 

子犬が歩かない場合は、目の前で誰かが子犬の名前を呼んであげ、自発的に歩くように誘導します。

 

3ヶ月くらいの頃はおやつで釣って歩かせるよりも、人が呼んで歩かせてあげるほうが良いです。

 

最初は犬の好き勝手歩かせてもいいですが、最終的には人間の指示に従って歩かせるようにしてください。

 

 

★外に慣らせる練習

首輪やリードの練習と併用しても構いませんので、キャリーバッグに入れて外に連れていきましょう。

 

キャリーバッグはなるべく景色が見えるようにしてほしいので、飛び出し防止措置をした状態で顔が出せるようにしたり、バッグに合わせて安全な状態に工夫してください。

 

 

もちろん、バッグインじゃなくて抱っこをして家の外に連れて行ってもOKです。

 

とにかく下におろさないようにだけ気を付けましょう。

 

 

最初は、家の玄関周りを5分程度うろうろするだけに留めて、日に日に行動範囲を広げてあげましょう。

 

これから歩くであろう散歩コースは連れて行ってあげるようにしてほしいですね。

 

 

ただ、最初は本当に怖くて怯えているので、子犬には絶対に強引に無理させないようにしてください。

 

途中、他の犬に会うかもしれませんが、接触は控えてください。

 

犬同士のあいさつを教えるのは散歩デビューしてからです。

 

 

 まとめ

子犬を初めて散歩に連れて行くに辺り、注意することは

 

 

『無理をさせない!』
『十分すぎるくらい念には念を入れる!』

 

という2点です。

 

 

犬が皆散歩が好きと云うわけでもないので、自分の犬が散歩を嫌いな場合は無理に連れて行かないようにしてあげてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

これから犬を飼う人 散歩について 犬を知る   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る