犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • ドッグフードランキング!犬のプロが本音で評価【詳細をみる】
  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

飼い主の恥ですよ!犬がテーブルの上に乗る理由と最強の対策方法

読了までの目安時間:約 11分

犬がテーブルに乗る原因と対処法

 

 

お出かけシーズンになってくると、我が家もそうですが、休日は愛犬を連れて遠出をしてしまいがちですよね。

 

朝から遠出をするとなると、お昼は外で食べることになると思いますが、そのときに利用をするのがドッグカフェ。

 

 

最近もドッグカフェにいったのですが、やはり見かける問題行動について再度触れたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

犬がテーブルの上に乗るのは《問題行動》

犬がテーブルに手をかける

 

 

“テーブルの上に乗る”というと、完全に乗ってしまうことを想像される方が多いと思うのですが、私の中では『前足を乗せたり』『顎を乗せたり』というのも《犬がデーブルに乗っている》状態となりますので、それを踏まえて聞いてくださいね。

 

 

ドッグカフェに行くと、必ず最低1頭はそんな犬を見かけます。

 

以前も同じような台詞を言わせていただきましたが…

 

それを《問題行動》と捉えない飼い主が“驚くほど多い”のです。

 

問題行動、そして《マナー違反》です。

 

 

注意をされないからといって、許可をされたわけではありません。

 

ドッグカフェによってルールは異なっていますが、犬がテーブルの上に乗るのはただただ行儀が悪いです。

 

ご自宅ではそれが当たり前なのかもしれませんが、せめて不特定多数の方が利用する場所は迷惑をかけない努力をしてほしいものです。

 

 

犬がテーブルの上に乗る理由は?

犬がなぜテーブルに上る

 

 

そもそも、何故犬がテーブルの上に乗るのでしょうか?

 

原因はひとつ、『悪いことだと思っていないから』です。

 

 

私たち人間は、「テーブルの上は物を食べる場所だから」「危ないから」と、小さい頃は犬のようにテーブルの上によじ登っていた人間も、そうやって家族に注意をされてよじ登らないようになったのではないでしょうか。

 

私はよじ登っては周りから怒られていた子供だった記憶があります。

 

 

これと同様に、犬がテーブルの上に乗るのは『悪いことだと教えてもらっていないから』のはずです。

 

食事中、犬がテーブルの上に仁王立ちをしていても、怒らずにそのままにしているからこそ、外でもそんな姿になっているのではないでしょうか。

 

私はそう思って、ドッグカフェのマナー違反の客を見ています。

 

「あ~この家はしつけも出来ていない家なんだな~って。」

 

これはきっと、私だけではないと思いますよ。

 

 

犬をテーブルの上に乗らせないようにする方法は?

犬テーブル乗らせない方法

 

 

知らず知らずの内に恥ずかしい思いをしないためにも、ちゃんとしたマナーは身につけていきましょう。

 

犬をテーブルの上に乗らせないしつけ方法は、いくつかあります。

 

    • 怒鳴る
    • 大きな音を出す(「バン!」と机をたたく等)
    • 上れない工夫をする(椅子を仕舞う等)
    • 食事中はハウスをさせる
    • 食事中に食べ物を与えない

 

などが、私の知っているしつけ方法でしたが、インターネットで調べてみると、

 

    • テーブルの上に粘着面を上にしたガムテープを貼る
    • 椅子の上にブーブークッションを置く

 

もあるようです。

 

ブーブークッションが気になるところです・・。

 

 

私がオススメの方法

2018-04-02_193220

 

 

『怒鳴る』や『大きな音を出す』という方法は、いわゆる『天罰方式』と呼ばれています。

 

この方法は手っ取り早いですし、効果が出やすいと思います。

 

ただ、オススメではありません

 

恐らく根本的な解決には繋がっていないと思うので、その場しのぎになりがちです。

 

犬とコミュニケーションが取れていないとも言えますね。

 

 

そういうわけで、それ以外の方法が私がオススメする方法になります。

 

(ガムテープとブーブークッションは違いますよ!)

 

 

★上れない工夫をする

2018-04-02_193555

 

 

まず、これです。

 

そもそも、何故犬がテーブルに足をかけることができるのでしょうか?

 

きっと、椅子を足場にして上っているはずだと思います。

 

 

私のお客様にもいましたが…人間以外に犬用の椅子を用意して座らせていた家も世の中にはありますので、そういう家に対してはもう何も言いません…。

 

 

空いている椅子を引いたままだと、犬が足場にして上ってしまいます。

 

『上ったとき』の対処法を考えるのではなくて、『上らない方法』をまずは考えるべきです。

 

そうすれば私たちも犬を叱らなくて済みますよね。

 

 

★食事中はハウスをさせる

2018-04-02_213441

 

 

もう、まさにこれ。

 

一番効果的な方法です。

 

テーブルが低かったり、椅子に上らなくてもテーブルに手がついてしまう犬も居ると思いますが、この方法で一発です。

 

 

そもそも、何度も私はこちらのサイトで申し上げていますが、犬と一緒に食事をする必要はありませんし、犬のしつけの観点から間違った行動です。

 

ケージでも、サークルでも、キャリーでも、人間が食事中の時はハウスの中で犬には待ってもらい、終わったら出して犬のごはんを与えてください。

 

これが何よりも正しい方法とはっきり言います。

 

 

★食事中に食べ物を与えない

2018-04-02_213705

 

 

これは番外編のようなものですが、食事中に食べ物を与えているような家では、テーブルの上に美味しいものがあることを犬は知っています。

 

だから、美味しいものを食べたくてテーブルの上に乗ることも増えていきます。

 

 

これはあくまで、食事中に犬に食べ物を与えている場合の対処法ですので、そうでない家の場合は関係のない話だと思います。

 

やっているならやめましょう!

 

それしかいえません。

 

 

と、結論から言いますと『ハウスをさせる方法』が一番安全で安心な方法なのでオススメさせていただきます。

 

 

食事中、ハウスの中から人間の様子を見ていると思いますので、その内に犬の中でもルーティンができ、「人間が食事中、ぼくはじっとしておかないといけないんだ」という本能が刷り込まれます。

 

そうすれば、外でもマナー違反を起こさないお行儀のいいわんちゃんになれると思います。

 

 

それは『閉じ込めて恐怖を与えるだけだ』という人へ

2018-04-02_223558

 

 

そう思われる方は是非、犬のしつけを一から勉強をしてほしいと思います。

 

私からいえば「何を言っているんだ?」状態です。

 

 

『閉じ込めている』のではなく『行動範囲を狭くしている』だけです。

 

何度も何度も申し上げていますが、犬のしつけの基本は『行動範囲の広いものが偉い』というのが絶対です。

 

自由にし続けることで、犬は人間より偉くなり、主従関係は破綻します。

 

犬がテーブルに乗る(足をかける)時点で、それは明確ですよ。

 

 

そもそも、犬が人間の食べ物を取ること自体、本来はあり得ない行動なのです。

 

それをしているということは、その家の家族全員、犬に馬鹿にされている証拠です。

 

 

ただ『叱る』だけでは何も解決しません。

 

 

犬の行動の理由を考えた先には、私たち人間のやり方に問題があることがほとんどです。

 

それを客観的に見て始めて、犬のしつけになっていくのだと思っています。

 

 

最後にもう一度言いますが、『犬がテーブルに乗る(足をかける)のは《問題行動》』ですよ!

 

 

 

スポンサードリンク

 

犬のしつけ講座   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

犬のフード選びの決定版!

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る