犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • ドッグフードランキング!犬のプロが本音で評価【詳細をみる】
  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

犬のアトピー原因や防ぐ方法!間違ったやり方は余計悪化させるだけ

読了までの目安時間:約 12分

犬のアトピー

 

 

おそらく悩まれている方も多いとは思いますが、ここ数年で犬のアトピーというものが流行ってきております。

 

流行ってきてはいるのですが、実は愛犬がアトピーであることに気付いていない飼い主様も意外と多いのです。

 

スポンサーリンク

 

そもそも『アトピー』とは?

犬のアトピーとは

 

 

犬に限らず、人の病気としても耳にすることが多い『アトピー』ですが、一体どういうものなのかはご存知でしょうか?

 

実はアトピーにはいくつか種類がありまして、一般的によく聞く《アトピー性皮膚炎》は《アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア(免疫)機能が弱い人によく見られる、皮膚の炎症を伴う病気》です。

 

犬の場合もこちらに当てはまります。

 

湿疹ができたり、かゆみが出たりというのがアトピー性皮膚炎の主な症状です。

 

 

また、アレルギーの原因であるアレルゲンが呼吸器に入ることで《アレルギー性喘息(ぜんそく)》や《アレルギー性鼻炎》などがあります。

 

アトピーの治療法に関しては、ほとんどが「ステロイド」の投与となりますが、基本的には生涯通して与え続けないといけない場合が多いです。

 

 

アトピー性皮膚炎による弊害

今回は代表的なアトピー性皮膚炎について少し掘り下げさせていただきますね。

 

アトピー性皮膚炎の場合は、先ほど述べたとおり「湿疹」や「かゆみ」といった症状が主になりますが、もう少し具体的に申し上げると、

 

    • 皮膚の激しいかゆみ
    • 執拗に掻くことで皮膚の出血
    • 皮膚の湿疹
    • 皮膚のただれ
    • 皮膚が乾燥して荒れる
    • 掻きすぎることにより脱毛(生えてこない)

 

など、私のお客さまによく見られる症状です。

 

 

また、これだけならまだしも、犬のアトピー性皮膚炎は合併症も起こります。

 

『外耳炎』『結膜炎』『膿皮症』などは併発して起こりやすいです。

 

放っておくとどんどん悪化をしてしまいますのでお薬で治療をされる方も多いですが、お薬は与え続けることにより、どんどん強いものにしていかないといけなくなります。

 

犬のアトピー性皮膚炎に関しては、本当に頭を悩ませる飼い主様が多いのが現状です。

 

 

愛犬のアトピー性皮膚炎を防ぐ方法は?

2018-02-17_215000

 

 

アトピー性皮膚炎を完全に予防することはほぼ不可能に近いです。

 

そもそも、アトピー性皮膚炎になる原因は最初にも述べたとおり『アレルゲン』が原因となりますので、最近はアレルギー体質の犬も多くなっている中、これからもどんどん増えていくものだと思ってください。

 

アレルギーに関しては以前に別の記事でも述べさせたこともありますが、アレルゲンをちょっとずつ摂取することで身体の中の許容範囲を超えてしまったときに発症してしまうため、たとえばハウスダストのような日常的にゼロにすることが難しいアレルゲンの場合は対処しようがありません。

 

 

ただ、全く予防できないものではありませんので、今回は私の経験を踏まえて記載させていただきます。

 

 

皮膚のバリア機能の低下を防ぐ

2018-02-17_215407

 

 

アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の犬がなる場合が多いですが、皮膚を健康で清潔にしておけば防げた例も多くあります。

 

その中で、この『皮膚のバリア機能』というワードは非常に重要です。

 

 

というのも、私が日頃関わらせていただいている中で、愛犬への過剰なケアが原因でアレルギー性皮膚炎になっているケースが非常に多いのです。

 

『過剰なケア』といっても、ひとえにどういうことだと思いますか?

 

 

昔に比べて犬のアトピー性皮膚炎が増えた原因のひとつが恐らく、『室内飼いが増えたから』にあると思います。

 

外で生活をしないから身体が弱くなってきた、とおっしゃる方もいますが、今回はそこが理由ではありません。

 

 

その理由はズバリ、飼い主様の間違った飼い方が原因でもあるのです。

 

具体的にどういうことなのか、お話させていただきますね。

 

 

同じ空間で生活するために無理を強いられる犬たち

2018-02-17_215818

 

 

私のお客様にもよくいらっしゃいますが、人間と同じ部屋の中に犬を入れることでシャンプーの頻度が異常に多くなるケースがあります。

 

ひどい時で毎日犬を洗う人もいらっしゃいます。

 

 

何度も申し上げますが、犬はそこまで洗う必要はありません。

 

 

「犬の臭いが気になる」「犬が臭い」「家の中を汚れた状態で歩かれるのが耐えられない」というのが、犬を頻繁に洗う方の主な言い訳なのですが、それに対して私は一言しか言えません。

 

『だったら犬を飼わないでください!』

 

もしくは室内犬を飼わないでほしです。

 

 

人間と犬は身体の構造が全く違いますし、皮膚を守るための皮脂を毎日洗われてしまえば、皮膚のバリア機能が無くなって当たり前です。

 

皮脂は皮膚を守るために欠かせないものですが、それを頻繁にとってしまうことで《身体が危険信号》を出します。

 

危険信号を出すことで、皮脂の分泌は更に増やされていくのです。

 

それが更なる“臭い”であったり“べたつき”であったりするのですが、それに対してまた、「臭いが気になる」といって執拗に洗ってしまえば、犬の皮膚が不調を訴えて当然だと思います。

 

 

犬のアトピー性皮膚炎が増えている要因の一つが、『洗いすぎ』が原因だと私は思っています。

 

「そんなことは無いだろう」「うちの犬は平気だけど」と、そういうお考えをお持ちの方が私は一番怖いです。

 

 

重度のアトピー性皮膚炎になった犬たち

2018-02-17_221158

 

 

私のお客さまや、今まで見てきた犬たちの中でも、極度のアトピー性皮膚炎の犬がたくさんいました。

 

いずれの場合も犬種でいえば『シー・ズー』が圧倒的に多かったです。

 

軽度のコも入れば、フケや抜け毛、皮膚のただれや乾燥肌が深刻なくらい重度のコもいました。

 

 

そういった場合、「フケが落ちないように」や「引っ掻いたりしないように」ということで一日中お洋服を着せることが多いです。

 

(多いです、というよりは獣医さんが推奨されているようです)

 

お洋服を着せっぱなしになるともちろん通気性は悪くなり、フケや抜け毛が落ちきれずに四六時中皮膚に密着したままになるので、衛生面が最悪の状態で過ごさないといけません。

 

結果、アトピー性皮膚炎が悪化してしまっているように感じました。

 

 

また、頻繁に洗うように促されて、毎日薬用シャンプーで洗われる方も多いのですが、洗い終わった後のケアまできちんと出来て始めて、皮膚のための洗浄作業になります。

 

しかし《薬用シャンプーで洗う=お薬を塗った》ような感覚になられる方がほとんどで、ドライング(シャンプー後にドライヤーなどで乾かす作業)の仕方がきちんと出来ていなければ、ただでさえ弱っている皮膚に追い打ちをかける行為に過ぎません。

 

 

私は疑問に思う獣医さんの対応

2018-02-18_115403

 

 

このように、アトピー性皮膚炎の診断を受けたことで、間違った方法を続けているがために悪化させているケースも多く見受けられました。

 

もちろん、獣医さんの指示であれば行うべきではあるのですが、獣医さんによってはきちんとしたところまで説明してくださらない方も多いです。

 

特に、シャンプーの方法に至っては、《ただ洗えばいい》という認識の方も多いようです。

 

 

私の愛犬は昔、「これを使いなさい」と獣医さんに薬用シャンプーを処方されたことがありました。

 

ただ、そのときの説明が「3日に1度これで洗ってくださいね」という簡易な説明のみです。

 

お客様のわんちゃんの付き添いで行ったときや、お客様から聞いた話でも、薬用シャンプーを処方される時、様々な病院では『シャンプーをするだけでいい』という簡易な説明のみで済ませているようでした。

 

 

何度も申し上げますが、《ただ洗うだけ》では皮膚の状態を悪化させるだけで、それならばやらない方が絶対にいいです。

 

いくら薬用シャンプーであっても、シャンプー前、最中、その後の一つ一つの工程がとても大切で、少しでも手を抜いてしまえばどれだけ良いシャンプーを使っていても健康が損なわれてしまいます。

 

シャンプーという作業はとにかく重要なんだと思って取り組んでいただきたいです。

 

犬の皮膚に合わせた方法で洗えないのであれば、本当に洗わないでください。

 

 

そういう時は行きつけのトリミングサロンに薬用シャンプーを持っていって洗ってもらうとか、ちゃんとしたプロに任せてほしいです。

 

ただ、プロなのにシャンプーは重要だと思っていないトリマーも、世の中に多いのが現状なので困りものですが・・・。

 

 

犬のプロである皆が正しい知識を持ち、きちんと協力して、皆様の愛犬を健康で長生きできるようにお手伝いできる・・そんな日が早く来てほしいと思っています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

犬のフード選びの決定版!

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る