犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • ドッグフードランキング!犬のプロが本音で評価【詳細をみる】
  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

すべての犬に可能性が!関節炎の絶対に知っとくべき知識をプロが解説☆

読了までの目安時間:約 12分

犬の関節炎

 

 

犬の関節、特に小型犬を飼われている方は気にしている方も多いのではないでしょうか。

 

小型犬は特に関節に関して慎重にならなければいけませんが、「うちの犬はまだ若いから」「うちの犬は骨が丈夫だから」など、他人事に感じる方も多いかもしれません。

 

ですが、本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

関節炎は他人事?

あなたのわんちゃんはこういった症状はないでしょうか?

    • 足を引きずっている(びっこを引いている)
    • 最近は階段などを上りたがらなくなった。
    • 最近は散歩の時の速度が遅くなった(または歩かなくなった)
    • 昔ほど走ったり跳んだりしなくなった。
    • 足(関節)を触ると噛むようになった。

などなど。

 

 

一概には100%とは言えませんが、上記の項目に該当する場合は『関節炎』などの恐れがあります。

 

少しでも当て嵌まる項目があれば、まずは動物病院へ相談してくださいね。

 

 

また、犬の関節炎は『小型犬』『シニア犬』だけの症状では決してありません。

 

全ての種類、全ての年齢、全ての体型に起こる病気です。

 

 

昨今、日本では犬の小型化が進んでいるため、無理な交配により生まれつき関節が弱いコ、膝のお皿が無いコなどもかなり増えています。

 

私のお客様にも子犬の頃から関節のトラブルを抱えているわんちゃんも実際に居るくらいなので、高齢犬になってから発症する病気でもないのです。

 

 

関節のサプリメントを与えている“だけ”では話にならない

犬の関節炎はサプリメントのみでは予防できない

 

 

関節を気にしている方は、往々にしてこうおっしゃいます。

「最近、うちの犬も関節のサプリメントを飲ませるようになったの」

と・・・

 

大体がグルコサミンやコンドロイチン入りの、人間と同じようなサプリメントを飲ませています。

 

昨今、犬のサプリメントの種類も爆発的に増えましたので、私たちが手にする機会も多くなりました。

 

病院でなくても、本当に気軽に購入できるようになっているのです。

 

 

ですが、サプリメントを与える“だけ”で本当に大丈夫なのでしょうか?

 

答えは『NO』です。

 

 

サプリメントや関節に良い食べ物は、もちろんそれだけで効果があります。

 

ですが、それ“だけ”では意味がありません。

 

 

私の経験上を踏まえて、何故サプリメントだけでは駄目なのか解説させていただきます。

 

 

あなたの愛犬の関節炎の理由は?

脚が細いウチの愛犬

 

 

さて、何度かこちらのサイトでも登場させていただいておりますが、私の愛犬たちは関節炎とはとても相性の良い、足が細くて長い犬たちです。

 

獣医さんやペットショップの店員など、ちょっと犬の知識がある方には必ずこう言われます。

 

「関節を痛めやすいのでサプリメントを与えてくださいね」と。

 

子犬の頃から言われ続けていました。

 

 

もちろん私もアドバイスをする側の人間ですので、その辺りは気を付けていますが、10年以上付き合っていて関節炎になったのは一度だけです。

 

それも関節炎というよりは、留守番中にテーブルの上の犬用おやつを取ろうと失敗して落ちて、ちょっと後ろ足を捻っていたくらいのものでしたので、なんだかな~という理由でしたが。

 

ただ、冬はやっぱり寒くて関節が痛むのか、時折変な歩き方をしています。

 

そういう時は様子を見ながら食事などを調整しているので、大したトラブルにはなっていません。

 

 

ちなみにですが、うちは大量にサプリメントを与えてみたり、関節に良いと聞けば全て試してみたり…なんてことは一度もしていません。

 

そもそも、あなたの愛犬の関節炎の理由って、ご理解されていますか?

 

 

キーワードは『食事管理』

関節炎予防は食事管理

 

 

有り難いことに長く仕事をさせていただいておりますので、私のお客さまにはシニア犬が多いです。

 

シニア期に入ると飼い主さまは口を揃えて愛犬の関節についての心配をされ始めます。

 

もちろん、それには恐らくきっかけがあるのでしょうが、関節のことで獣医さんに通われたり、関節に良いという色んなことを試されたりと、ご尽力される方も多いです。

 

 

そんな方々を見て思うことが一つあります。

 

『まず、体重管理してみませんか?』

 

という点は、共通して感じることでした。

 

 

そうなんです。

 

たしかにシニア犬になれば軟骨が弱ってくるので関節炎の発症リスクは高まりますが、まず何を隠そう『太っている』ことが一番大きな要因であるくらい、皆さまの愛犬状態は立派な関節炎の予備軍体型です。

 

サプリメントを与えたり、今流行りの○○を試してみたりする前に、まずダイエットをさせてください。

 

 

もうひとつのキーワードが『制限』

2017-12-08_193136

 

 

私たち人間もそうですが、年を重ねると体力も低下してきます。

 

それは誰よりも身体を気遣っているはずのスポーツ選手だって同じことで、どう頑張ってもほとんどの選手は若くして引退されています。

 

もちろん、犬たちだって年を重ねるごとに同じことが言えるのです。

 

若い頃からの日課だからといって、走らせたり跳ばせたり、階段の上り下りを毎日させたりしていませんか?

 

「最近階段の上り下りが辛そうで‥」という飼い主さまが多いですが、何故、階段の上り下りを止めさせてあげないのでしょうか?

 

辛そうにしているのなら、抱っこをしてあげれば済む話だと思います。

 

 

また、「日課だからやめさせるのは可哀想で‥」といって、毎日愛犬を走らせている行為も、それは飼い主側のエゴである場合がほとんどです。

 

犬は飼い主のために仕事をしたがる生き物なので、ボールを投げられれば反射的に取りに走ってしまいます。

 

だけどそもそもボールを投げなければ、別に全力疾走することなんてないです。

 

 

そしてペットなのに毎日そこまで運動をさせる必要はありません。

 

そうやって毎日興奮をさせればさせるほど、心臓や血管に負担がかかり、関節炎どころか心臓を悪くして寿命だって縮めているくらいです。

 

今一度、あなたの考え方を正す努力をしてください。

 

 

「意外と神経質にならなくても大丈夫」

2014-12-28_210843

 

そう感じるのは、愛犬を連れ歩く度に骨や関節のことを周りから聞かれる、イチ飼い主としての私の意見です。

 

「簡単にポキッと折れそうね」というのはもはや合言葉のように言われますが、ポキッとしたことは一度もありませんのでご安心ください。

 

スリップしたりジャンプしたりと、かなり関節に負担のかかることをしていますが、それで痛いと思えば自分たちで制御していきますので、あまり犬を甘くみなくてもいいと思います。

 

もちろん、生まれつきの持病や何らかの病気で動物病院から強く言われている場合は除きますが、飼い主がきちんと愛犬のことを理解してあげればそれほど神経質になる必要はないのです。

 

 

また、関節を気にするならサプリメントなんかよりもまずは『体重管理』

 

これはいろんな飼い主さまとわんちゃんを見てきた人間だからこそ、本当に強く感じることです。

 

我が家の場合は、季節によってわざと太らせたり、食事を変えてみたりと調整していますが、全てのお家がそこまでする必要はないので、とにかく太らせない!

 

 

まずは獣医さんに“あなたの愛犬の”適正体重を聞いてから、それを基準に食事を調整してください。

 

トイ・プードルの適性体重は○kg、ダックスフントの適性体重は○kg、といった、本やインターネットに書いてあるスタンダードの体重は参考にしないでください。

 

個体によって適正体重は異なりますので、必ずプロに聞いてから判断をしてあげてほしいです。

 

 

犬の関節炎の原因のほとんどは飼い主が作っています。

 

それを踏まえた上でもしあなたの愛犬の関節が気になるようでしたら、まずは本当の原因を理解してあげてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

大切な犬の豆知識   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

犬のフード選びの決定版!

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る