犬飼い方

『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

  • ドッグフードランキング!犬のプロが本音で評価【詳細をみる】
  • カナガン本音口コミ
    カナガンドッグフードの本音口コミ徹底レビュー!【詳細をみる】
  • 海外産の最高級ドッグフード『カナガン』をプロが徹底解説【詳細をみる】
  • サプリメントってどう?必要性と注意点を犬のプロが解説!【詳細はこちら】
  • 犬のプロが教えるマル秘しつけ術【詳細をみる】

現職10年がぶっちゃける!トリマーのやりがいや魅力は・・・?

読了までの目安時間:約 10分

トリマーやりがい魅力

 

 

トリマーになること、トリマーの仕事について色々とお話させていただきました。

 

じゃあ「トリマーのやりがいや魅力はあるの?」と思われる方も多いと思います。

 

 

今回も私の独断と偏見でそれについて語らせてください。

 

スポンサーリンク

 

トリマーって楽しい?

トリマーは楽しくない

 

 

楽しくないです!

 

 

私は専門学校の内定を貰う前から「トリマーにだけはならない」と周りに豪語してトリミング専門学校に通っていました。

 

(怒られるので親や家族だけには一度も言いませんでした…)

 

 

皆「何故ここに…?」と口々に言っていましたし、場違い丸出しでスムーズに資格を取って卒業していきましたが、そのせいで「私はカリスマトリマーになる!」と熱い目標を掲げる生徒に比べるとトリミングの授業にはあまり熱を入れていませんでした。

 

でも、不思議とそういう生徒の方がすぐにトリマーを挫折していったのですが…。

 

 

私がトリマーの資格を欲したのは、自分の犬だけ自分でケアできればいいと思ったからです。

 

在学中、何度トイプードルをカットしても、何故こんなカットをするのか意味がわかりませんでしたし、基本的に短毛種の犬にしかテンションが上がらないので「汚れるのが嫌なら全部刈ったらいいじゃん…」なんてよく口にしていました。

 

犬に咬まれるのだってめちゃくちゃ嫌だし、やりたくないです。

 

 

私はトリミング技術よりも知識が欲しくてその学校を選び、講義を受ける授業がとにかく大好きでした。

 

今でも「トリマーやりたくない…」と周りに言っています。

 

 

「トリマーめっちゃ楽しいよ!!オススメ!!」

 

なんて生き生きと言えるほど、トリマーが楽しい仕事だとは感じていません。

 

 

それでも10年以上トリマーのライセンスを活かしているのには、もちろん理由があるからです。

 

 

トリマーが嫌いだから私がやる!

2018-04-24_191445

 

 

私はトリマーが嫌いです。

 

はっきり言えば、近隣のトリマーの方々が皆嫌いです。

 

 

私は自分の犬を他人に任せたくない、他の人に自分の愛犬をめちゃくちゃにされて性格変えられたくないと、たぶん超過保護な飼い主なのでトリマーになったのですが、トリマーの資格を持っているだけでやはりお願いされる機会が増えました。

 

 

というのも、私の最初のお客様たちは『近隣店舗で断られた』犬たちだったのです。

 

別の記事でもお伝えしましたが、私の周りは半径1km以内にトリマーがたくさん居る環境で、立地的に開業すべき場所ではありません。

 

それにも関わらず、「どの店舗にも断られた」犬が、こんな狭いエリアで存在するのです。

 

その理由に関しては様々で、「はあ?」と呆れる理由ばかりです。

 

 

特に『咬み付くようになった(咬み付くから)からうちでは出来ません』という理由で、あちこちに断られた飼い主さんも中にはいます。

 

そういう方が近所の方の口コミで私に電話をかけてきてくださったのですが、私がすぐに了承したことで涙声になりながら喜んでくださいました。

 

私の所がダメだったらもう諦めるしかないとおっしゃっていたのです。

 

 

そもそも…

 

(今から口悪くなります)

 

「おまえの店のせいで咬み付くようになったんやろうが!!」

 

と私はそれしか頭になくて、近所のそのトリマーに怒り心頭でした。

 

 

いつもいつも、そのトリマーは簡単な犬しか行いませんし、咬む犬はすぐに見捨てます。

 

これは何度も言いますが、咬むようになったからって犬は何も悪くありません。

 

「私があの店に連れて行ってしまったから…」

 

と泣いている飼い主さんも全く悪くありません。

 

 

そのトリマーのせいでトラウマができて、トリマーのせいで何年間も無理強いさせられて、もしかしたら押さえつけられたりしたかもしれないのにそれでも我慢して、それなのにトリマーたちが面倒臭くなったらポイです。

 

そんなこんなで、ただでさえトリマーという仕事が嫌いなのに、トリマーという人間も嫌いになりました。

 

 

私はトリマーの仕事はやりたくないけど、依頼された仕事を断ったことは一度もありません。

 

「他で断られて…」と聞けば「うちがやります」と全部引き受けています。

 

そんな犬たちばかりやっていますが、咬まれたことは一度もありません。

 

 

他のトリマーがやらない犬たちの受け皿であり続けることが、私のトリマーとしてのやりがいだと思います。

 

嫌いだからこそ、続けていかなければならない仕事がトリマーです。

 

嫌いになればなるほど、やりがいを感じてもう10年になろうとしています。

 

 

トリマーの魅力って?

2018-04-24_191937

 

 

これも思いつかないのですが…

 

やはり、飼い主さんに喜んでいただける時が一番魅力を感じるかもしれません。

 

多くのトリマーは「キレイにしたことで飼い主さんが喜んでくれるのがうれしい」と言うと思いますが、私はトリマーである理由が他とは違いますので「今までと仕上がりが全然違う」と言ってもらえることが何より魅力を感じています。

 

 

私のグルーミング技術自体、他とやり方は違います。

 

【キレイにする】のではなく【健康で居てもらう】ことに重きを置いていますので、犬のためのトリミングしかしません。

 

飼い主目線、人間目線の喜びは特に重要視していません。

 

私は『トリミング』よりも『グルーミング』、そして『グルーマー』と呼ばれたいです。

 

 

また、老犬を始め、病気の犬や怪我をしている犬を担当することが多いので、その犬たちの病気や怪我の悪化を防げた時の達成感は半端ないです。

 

「あと数日遅かったら死んでいた」

 

と獣医さんに言われたと飼い主さんに喜んでいただけた時が、何よりもトリマーとしての魅力を感じられた気がしました。

 

 

トリマーを続けたいと思う?

2018-04-24_192634

 

 

できれば辞めたい!

 

この意見だけは何年経ってもブレないです。

 

けれど、私が任せられるトリマーが周りに居ないので、私がやり続けます。

 

通ってくださる私のお客様は、私のグルーミング技術を頼ってきてくださっています。

 

これだけはっきり言う私の人柄を好いてくださっている方も居ます。

 

 

ここ最近は、皆様が口コミでかなり遠方まで広げてくださっていまして、山や海を越えてまで来られる方も増えました。

 

これは本当に有り難い話だと思います。

 

 

トリマーは嫌いだけど、お願いされた以上はきちんとさせていただきます。

 

だから辞める予定は今のところありません。

 

 

私の経験談なんて、恐らく多くのトリマーの方の参考にもならないと思います。

 

ただもし、ここまで読んでくださったトリマーがいらっしゃるのでしたら、

 

《無責任な仕事だけはしないで!》

 

とだけ大きな声で言いたいです。

 

 

トリマーの汚い部分、汚い人間を見てきた一人のトリマーからのお願いです。

 

「トリマーが嫌い」を原動力にして、私は日々トリマーとして働いています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

トリマーについて   コメント:0

【関連】もう1記事読んでみませんか?

犬のフード選びの決定版!

【犬用品を買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『charm』
■商品名

高品質・安全・低価格

犬用品ならここにお任せ!豊富な品揃えと安さで人気NO.1の通販ショップです。

『full of vigor』
■商品名

小型犬ならココ!

小型犬、特にダックスに特化した通販ショップ。小さいワンちゃんの飼い主は1度覗いてみる価値アリ。

『free-stitch』
■商品名

こだわりの逸品が勢揃い

「シンプルで良質なもの」をコンセプトにした犬用品通販ショップ。どの商品もおしゃれで思わずほしくなっちゃいます。


TOPへ戻る